しろくま歯科医院 WEBサイトへ

しろくま先生のブログ
しろくま歯科医院より歯にまつわる楽しいお話や、
毎日のケアについてのアドバイスを載せていきます。
calender

2024年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
AED
当院では、心停止の救命措置に必要なAED(自動体外式除細動器)を設置しております。

最近のトラックバック

アーカイブ

リンク



« 仏像から人の歯 | メイン | 帯状疱疹患者10年で2割増 »

2009年10月14日 (水)

絵本「はがぬけたらどうするの?」の書評

本日は、日本経済新聞2009年10月9日分の『こころの一冊』からお届けいたします。

「はがぬけたらどうするの?」~分化の多様性を知る一歩~

《かいだんぶんこ の後藤啓子さんのテキストです。》

歯が生え替わる時期になると、日頃は目立たない子供も注目の的になります。

「この歯、動くんだよ」

と言うと

「見せて」と、皆が口の中をのぞき込むからです。

ある時「僕、歯が抜けた」とやってきた男の子に「その歯どうしたの?」と聞くと、

「下の歯だから屋根に投げるんだけどね、うちはマンションだからベランダから投げた」と答えました。

これは乳歯が抜けたらどうするか、世界の64の地域の66の風習や言い伝えを紹介した本です。

日本のように屋根に投げるほかに、枕の下に置いて妖精やネズミが持って行くのを待つ国、パンや肉の中にいれて動物に食べさせる国、畑に植える国、金や銀のペンダントやイヤリングにする国、お日様に向かって投げる国といろいろですが、同じ風習が近い国のものとは限りません。

風習は違えど、いずれも確かな子供の成長を喜ぶ心が伝わってきます。

子供に風土や分化の薫りを意識させる一歩になりそうです。

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/161388/21913675

このページへのトラックバック一覧: 絵本「はがぬけたらどうするの?」の書評

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。