しろくま歯科医院 WEBサイトへ

しろくま先生のブログ
しろくま歯科医院より歯にまつわる楽しいお話や、
毎日のケアについてのアドバイスを載せていきます。
calender

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
AED
当院では、心停止の救命措置に必要なAED(自動体外式除細動器)を設置しております。

最近のトラックバック

アーカイブ

リンク



2018年8月17日 (金)

突然の電話。

この話はお盆休みの時に起きたことです。
今年のお盆休みは5日間トータルでありました(途中日曜日含む)。2日間は東京へ遊びに行って、3日目は東京へ行った後の掃除やら疲れを解消する為に自宅でゆっくり過ごしていたのです。
勿論、ごろごろばかりしてはいられないので、暇な時間は仕事場で仕事をしていたのです。
その仕事っていっても、とても気楽なもので(笑)、1時間したら自宅に戻ったり、また仕事場に戻ったりとダラダラとやっていたのです。
特に頭を使わない、「住所録の整理」とか「資料の整理」とか「読まないと行けない資料をまとめて読む」とか。
夕食も済んで、夜寝る前の空き時間にまた仕事場へ下りてきて、仕事をしている時です。
机の奥の方で、「ブ〜〜ン、ブ〜〜ン」って振動がするのです。
初めは虫でもいるのかなって思ったのですが、なんとスマートフォンが振動していたのです。
そうなんです、電話が掛かってきたのです。
最近はスマホで電話するなんて、私の場合は家族に限られますので、とても驚きでした。
電話を掛けてきたのは大学時代の友人でした。
その友人の住んでいる場所は秘密ですが、福島からはかなり遠いです。
友人は唐突に「元気か?体調は大丈夫か?」と聞いてきたのです。
その友人とは大学時代にとても親しくした友人でした。下宿先も近く、よく一緒に勉強したり飯を食べたりしたものです。
その友人曰く、私達と同年代の歯科医師の友人(私はその歯科医師の方を良く存じませんでした)がかなり重い病気(あえて病名は伏せます)で、もう先は長くないらしい・・・。
だから、自分の親しくしていた友人達に電話を掛けて声を聞きたくなったらしい。
その友人とは学生時代、家族みたいな付き合いだったので、最初の5分こそよそよそしい感じでしたが、それからは20代の頃に戻ったように近況を話しあいました。
やはり、その友人も私と同じように小さい子供がまだいます。子供たちが成人するまでは、どんなことがあっても仕事を続けなければならないし、またその義務・責任があるよねって事で話はまとまりました。
もう、生死の話をする歳になったと自覚・認識しました。
お盆中にかなり身を律する良い話が出来たと思います。
やはり自分を気遣ってくれる友人は大切だし、大事にしないと行けないと思います。
ありがとうM君。

L1007037


2018年8月16日 (木)

診療スタート

本日から診療スタートです。
また心機一転頑張りたいと思います。
よろしくお願いします。

医療法人弓弦会しろくま歯科医院
理事長 猪狩弓彦

2018年8月15日 (水)

暑さの質。

お盆休みの初日から1泊で東京へ行ってきました。
なんの目的も無い、ちょっと子供たちには気の毒な旅行になってしまいました(苦笑)。
ただ、適度な骨休みとなりました。
また、明日から診療頑張れそうです。
リュックをかついで、カメラを片手に街をうろつくのは、私にはとても良い時間でした。
やはり、カメラは自分の世界に浸れますし、頭の中を整理出来ます(笑)。
私が一番好きな被写体は「空」なんです。
晴れている日も雨の日も曇りの日も空とそれに映り込む建築物を撮影したいのです。
それには東京などのビルが乱立している都市は、私には素敵に写ります。
また、東京の本屋の質の高さには相変わらず目を見張ります。

L1007279


私の住んでいる郡山の本屋さん(決して悪い意味ではないのですが、、、)は、商業ベースで確実に売れる本中心なのですが、東京の本屋さん(仙台も東京の本屋さんに近い)は、商業ベースではなく、こだわりのもの(本当に一部のマニアをターゲットにしている)を中心に取りそろえた本達はとても魅力的。
一人でこういった本屋に来たら一日中いるな。

L1007382


それにしても暑い夏。
私の住んでいる郡山の富田は、太陽が肌を焼くような「ジリッ」とした暑さ。
しかし、東京の暑さは、人工的なものの様な感じがします。あくまで私個人の感想なのですが、乱立する建物の一部屋一部屋に設置されているエアコンの室外機が吐く、生暖かい機械的な熱風が街中を覆っている感じ。
ホテルやデパートから一歩外に踏み出すと「ムワッ」っとした重苦しい暑さ。
東京の人からすれば当たり前なんだろうけど、住宅の密度の低い地方の住宅街では決して味わえない暑さ。
これが東京だ〜〜懐かしい〜〜っ(学生時代を思い出して)と頭は反応するけど、体はジトッと汗が体にまとわりつく不快感も辛い。
それも含めて、都会なんだろうな。

L1007248



2018年8月14日 (火)

こんな器具使ってみたいな。

どんな職業の方でも、仕事をするには道具が必要ですよね。
職業によっては、ボールペンだったり、包丁だったり、時にはトンカチ(ハンマーか、今は)、ドライバー、ラジオペンチだったり。
歯科医も一応、技術職なので道具は大変重要です。
医療系の道具の一つの条件として、高熱に耐えられる仕様になっているという事でしょうか。
つまり、滅菌出来ないといけません。患者さんに触れるものなので。
だから、大変に、大変に耐久性が高くないと直ぐに駄目になってしまいます。
そのため、器具(道具)一つ一つに沢山のテクノロジーが詰まった大変高価なものになっています。
観血処置をする道具というのは、私の経験上大変丈夫です。
観血処置っていうのは出血を伴う処置です。抜歯とか神経を抜いたりとか、腫瘍を取り除いたりとか、インプラントを埋入したりとか。
壊した経験は数少ないです。数少ない経験からいえば、ディセクターを手術中に折ってしまった事が2回。残根鉗子のネジが処置中に外れてしまった事が1回。
ディセクターっていうのは、手術する際に歯肉に切開する箇所のマーキングをするものなのですが、私はこのディセクターを多用します。先端がとても細くて、マーキング以外にも難抜歯や異物の除去、歯肉の圧排など、それはそれは使い勝手が宜しい(笑)。
前出の残根鉗子のネジが外れてしまったのも、壊れたのではなく、単なる寿命だとおもいます。
要するに、歯科の道具はガシガシと使っても、耐久性が高くあまり壊れないものが多いです。
ただ、矯正器具の道具のピンカッターだけは別。
やはり、ワイヤーの切断を行う作業が多い矯正は別です。
歯肉を傷つけずに目的の場所のワイヤーや結紮線を切断するには良く切れる刃先の尖ったカッターが必要なのです(単に、私の使い方が悪いからかもしれないけど)。
このピンカッターの寿命が非常に短い。直ぐに切れなくなる。
他の外科系の道具が10年単位だとすると、これは年単位、下手すると月単位で駄目になっちゃう。
矯正をよく治療に取り入れる友人もピンカッターは良く買い換えていると聞くので、あながち私だけの事ではないと思うのです。
切れるピンカッターだと、明らかに処置速度が速く、患者さんの苦痛が少ない。
で、そんな事を考えていると材料業者さんが1枚にチラシを持ってきました。
「専門職人による手仕事・・・完全ハンドメイドで鋭角部を極力加工し術者の手を傷つけないなめらかな仕上げ」のピンカッター。
うわ〜〜、こういう職人の手仕事で作った道具って使ってみたい。。。
ピンカッターは消耗品なので、あまり大金を投入出来ないですね。
約1,5倍くらい高いです。
でも、こういうこだわった道具を使う様になれたら、素敵だろうな。

Img_6648



2018年8月13日 (月)

日歯生涯研修事業

日本歯科医師会の会員全員に配られるのが、日歯生涯研修事業のカード。

Dsc00511


このカードがパソコンのカードリーダーで読み取り式になっているのです。
日歯生涯研修事業が認めた研修会の前には必ずパソコンとカードリーダーが置いてあって、そのパソコンのカードリーダーに会員カードをかざすと、ポイント(単位)が加算されていくって仕組み。
で、今日日本歯科医師会の日歯生涯研修事業から「日歯生涯研修事業達成」の封筒が届きました。
その中には「日本歯科医師会生涯研修事業」の修了証が入っていました。

Img_6694


28年と29年の全国研修取得単位数の平均が42なのですが、私はなんと80でした。
やはり、歯科医師会で学術委員会の副委員長になったのが大きいですね。
毎年、平均か、平均に届かない位だったので。
人間、頑張れば上を目指せるんですね。
で、この日歯生涯研修事業なのですが、大学の同窓会の庶務になってしまったので、研修を企画して、日歯生涯研修事業に認定してもらうのも一苦労。
やったことない慣れない事ばかりで、精神的に辟易としています(苦笑)
慣れていなくて、ミスばかりということもあるのですが、中々認定して貰えない(泣)。
まあ、これは我慢比べですね。粘り勝ちして皆さんに良い研修会を届けねば。

Image002



2018年8月12日 (日)

タッチ感が・・・・。

先日、このブログで新しいマックのMac book proを新調した事をを書きました。
早速、自宅以外の場所に移動する時は、出来るだけ持ち歩き、時間を見つけては使用しています。
ただ、、、、、、、。
なんとなく,今までのマックと違う気がする。
使用感がいまいちしっくり来ない。
全体的に良くなっている感じがするのは確かなのですが。
理由は暫くしてから判明しました。
キーボードの感じが今までとは全く違うのです。
私は、パソコンのキーボードが大好きなんです。キーボードをカタカタと打っていると気持ちが安らぐ感じがするのです(だから、精神安定の為にこのブログを書いているのかもしれません)。
だから、パソコンのキーボードのタッチ感は凄く大切です。
今私がメインで使っているマックのキーボードも最初は慣れるのが少し大変でした。
ウィンドウズのパソコンは各社沢山出そろっているので、キーボードのタッチを比べることが出来たのですが、マックは1社しかないので、キーボードの選択は残念ながら出来ません。
こちらが合わせるしかないのです。
今回も、暫く使っているうちに慣れてくると思います。
で、この新しいMacBookPROのキーボードについて調べて見ました。
このキーボードは、「第3世代バタフライ構造キーボード」というそうです。
ノート型パソコンは、機動力を考えて「軽さ」と「薄さ」が開発の鍵のようなのです。
このキーボードの特徴は今までのキーボードの約半分の薄さなのに、必要十分(?)なキーストロークを確保した構造で、従来のキーボードよりも広い面で支える事が出来て、かつ安定性も4倍に向上しているのだそう(MAC FAN9月号より)。
しかもMacBook(かなり新しい小型ノート型パソコン)よりも静音化と耐久性の向上も行われているのだそう。
この解説を読んでしっくりしたのは、今まで使用していたキーボードは、多少高さがあったのに、今度のMacBookPROはキーボードの突起が殆どない。だから、キーボードのタッチ感が違ったのですね。
ふ〜〜ん、成るほど、成るほど。
キーボードの構造が違うと入れる力が少なくていいのですが、メインで使っているキーボードの感覚で打つと、力が強すぎのか、文字の変換が2つほど余計に進んでしまい(意味が分からない方、すいません)、望んでいない文字になったしまうのです。
まあ、これもじき慣れるでしょう。
しかし、薄くて、格好いいキーボードです。

Img_6687_2



2018年8月11日 (土)

お盆休み

本日から15日までお盆休みを頂きます。
16日から平常の診療となります。
よろしくお願いいたします。

医療法人弓弦会
理事長 猪狩弓彦

2018年8月10日 (金)

ミスターR

今週の月曜の夜、仕事が終了してからインプラントメーカーであるブローネマルクインプラントの私の担当でもある外崎さんと私の友人の歯科医師(仮にミスターRとしておきます・・笑)との3人で軽く飲みました。
私はミスターRと外崎さんのコンビが凄く好きで、定期的に飲み会を行っています。
というのも、このミスターRは、私の診療の考え方が非常に似通っていて勉強になるからなのです。
私も色々とアイディアを出してはいるのですが、ミスターRには敵わない(泣)。
今回も多くの診療のヒントを貰いました。
また遊んで下さい。
ミスターR。

Img_6684



Img_6686



2018年8月 9日 (木)

置き場所確保が大変。

最近は、自分の生活の半分を事務仕事で占領されてしまっています(涙)。
趣味である読書とプラモデルの時間が激減してしまい、心が折れそうです(涙)。
で、先日ついに恐れている物が当院に到着しました。
それは、大学同窓会の前執行部から代々伝わる資料の段ボールです。
それも5箱(涙)。
しかもどうやら3箱はずっと開かずの段ボールらしいのです。
代々と執行部が次の執行部へと送り続けている(受け継いでいる)らしいのです。
片付けが大好きな私は、心中で「捨てちまえ〜〜〜〜〜〜」と叫んだのは秘密です(涙)。
しかも、5箱って結構場所とるんです。
この5箱の為に開業以来使用してきたホワイトニングのライトスタンドを捨てる事になりました(涙)。

Img_6688


歯科医院は使用する機材や書類(特にカルテ)が多いので、置き場所の確保が大切なのです。
ですから、何年に一度の割合で置き場所を確保する為に棚等を作るくらいなのです。
その大事な置き場所がこの段ボールに占領されてしまうなんて・・・・(涙)。
さて、本日私は何度涙したのかしら。

Img_6669


2018年8月 8日 (水)

久々のキャディアックス・トレーニング。

先日、仕事終わりに衛生士さん達とキャディアックスのトレーニングを行いました。
定期的に練習を行わないと、腕が鈍るというか、感覚が掴めない(苦笑)。
やはり、私の住んでいる場所は福島なので、関東ほどこのキャディアックスを希望している患者さんは少ないのですが、それでも日々の練習は欠かせないのです。
機械も定期的に動かして行かないと壊れそうだし。
仕事が終わってからの練習なので、疲れているはずなのに、とても楽しかったです。
このキャディアックスという機材は、顎の動きをコンピュータでトレースしてグラフ化する物なのですが、最近、す〜〜っと理解出来るようになって来ました。
もう立派な中年なので、ここまで来るのには時間が掛かりましたが、持続して行うととても楽しい(笑)。
昔は、難しくてとても楽しむ余裕なんて無かったのに。
また近いうちにやろう。とても楽しいので(笑)。

Img_6679



Img_6678



Img_6680



2018年8月 7日 (火)

村上RADIO

20180806_84033


先週の日曜の夜に村上春樹さんが初のDJをラジオで放送しました。
村上さんの声は一度、聞いた事があるのですが、もう何年も前の事なのですっかり忘れてしまいました。
ですので、私はこのラジオの放送を心待ちにしていたのです。
しかし、肝心の放送日になんと私は疲れのあまり、放送時間に寝てしまっていたのです。
本当に落胆しました。
1ヶ月も前から心待ちにしていたのに。
でも、今は期間限定ですがラジオのアプリで再放送が聴けるのです。
早速昨晩、そのアプリをインストールして、じっくりと「村上RADIO」を聴きました。
とても落ち着いた渋い声で、ジョギング(彼の趣味は走ること)中に聴いている音楽を中心に音楽を構成していました。
やはり、ジョギングで足腰を鍛えると、確実に文書が違って来るとの事。
やはり持久力が付くのでしょうね。集中力の持続が長いのかもしれないですね。
私も基礎体力を付けるために走ってみようかな。
とにかく、ラジオを聞いている時間は至福の時でした。
また、何日か聴けるのでもう一回くらい聞こうかな。

Img_6677



2018年8月 6日 (月)

インクレディブルファミリー鑑賞

当院は今週土曜からお盆休みを頂きます。
よろしくお願いします。
で、お盆休みまでの間に、出来るだけ事務仕事(大学同窓会の仕事や患者さんの分析、見積書等々)や講演の準備を済ませておきたいのです。
土曜日の仕事が終わってから、子供たちは母に預かって貰い、奧さんに付き合って貰い、喫茶店で夜11時まで仕事。帰宅してからちょっと仮眠してまた院長室で1時間ほど仕事。

555081372930468


あ〜〜ほんとに自分の仕事ネタばかりで嫌になっちゃう。しかし、ブログのネタになる事を最近全くしていないので仕方が無いのです。結局1時過ぎまで事務仕事。
次の日の日曜日は朝の涼しい5時半に起きて、8時まで仕事。
30分ほど仮眠してから、家族で映画を鑑賞しに行きました。

555129306486494_2


映画は「インクレティブファミリー」。
もう、首を長くして待っていた映画。前作からもう14年も経過しているんですって。
前作はDVDを購入していて、何度も何度も見ているので、「もう、そんなに経過したのか・・・」とビックリするやら、歳とったなと愕然とするやら。映画の内容は、それはそれは最高でしたよ。長年待っていた甲斐があります(笑)。
多分、間違いなくDVD(いや、ブルーレイか?)買います。そして、何度も何度も見るでしょう。
Mrインクレティブの声を担当している三浦友和さんやイラスティガールの黒木瞳さん、バイオレットの綾瀬はるかさん、ダッシュの山崎さんが14年前と変わらずイメージにぴったり。
特に小学生役のダッシュの言動がうちの長男とそっくりで大爆笑(僕にもやらして〜〜、やらして〜〜ってやつ・・・笑)。
赤ちゃんのジャックジャックも可愛くて、面白くてずっと笑いっぱなし。
まだ見たばかりなのに、娘はもう一回観に行きたいって言っているから、勿論付き合いますよ。
映画を観た後は、駅前で昼食を食べ、パソコン持参で来たので2時間ほど家族に時間を貰い喫茶店で仕事(ほんと、仕事が減らなくてうんざり)。

Img_6674_2



2018年8月 5日 (日)

なんだか、元気づけられる出来事。

毎日暑い日が続いています。
そんな時、母からラインが私のスマホに届きました。
「従業員の駐車場に一輪の朝顔が咲いてるよ」って。
それは、何ヶ月も前に奧さんが余った朝顔の種を蒔いたものでした。
幾つか蒔いたと記憶していたのですが、咲いたのはこの一輪だけでした。
しかし、こんな暑いのによく頑張ってる。
私も頑張らねば。
生命力みなぎる朝顔の頑張りに、私も頑張ろうって思った土曜の午前中でした。

Img_6668_2



2018年8月 4日 (土)

まったくやる気がない・・・・。

大学院の頃は、教授がWindowsのパソコンを使用していたため、講座員のパソコンもWindowsで統一されていました。
他の講座で、教授がアップルのパソコンを使用している教室は、マックって感じでした。
大学を出てから暫くは、いつもの流れでウィンドウズを使用していたのですが、途中からなぜかアップル社のマックになっていました。多分、ミーハーな感じで格好いいからだったと思います。動機は(笑)。
しかし、操作が簡単なことと、値段が安い事が決めてとなり、それ以来メインのパソコンはアップル社製のマックになってしまいました。
どうしてもソフトの関係でWindowsを使う事もあるので、今はマックメインのwinとの二刀流で仕事をしています。
で、外出や講演、研修会用にマックのノートパソコンを使っていたのですが、最近、よく強制終了してしまうのです(泣)。
先日も喫茶店で事務仕事をしていたのですが、何度も何度も終了してしまい、仕事が続けられない状態になってしまいました。
もう、6年も使用していて、バッテリーが劣化したのか、もともとパワー不足なのか、もう寿命という感じでした(ただ、ネットだけを見るのはまだまだ使用出来るので、これからも現役で頑張って貰うつもり)。
ノート型のパソコンが無いと、全く仕事が出来ない(って言うわけでは無いけど、近いうちに講演があるのです...)ので、しょうが無く新しい(ちょっとパワーアップした)マックを購入しました。
しかし、ずっと前からデザインが変わらないし(それが良いのですが・・・笑)、最近ちょっとお疲れ気味なので、新しいパソコンをセットアップするやる気が沸いてきません。
昔なら、届く日を指折り数えて、ワクワクしながら待っていたのですが・・・・。
しかし、そんな贅沢な事も言っていられない(直ぐに使用しなければいけなかったので)ので、重い腰を上げてセットしました。
分かっていたけど、新しいパソコンは良いですね。動きは軽いし、早いし、もうストレスゼロ。
ただ、昔から使用しているUSBが使いずらい。いちいち、コンセント系を買い直さないと行けないので、ちょっとストレス。
パソコンの数だけ、コンセント系が増えていく。
これは仕方がないのかな。
また仕事頑張ります。

Img_6611



Img_6619



2018年8月 3日 (金)

大変ご迷惑をお掛けいたしました(汗)。

7月中の事です。
受付でお待ちになっている患者さんより、「エアコンから水が滴り落ちてますよ」と教えて貰いました。
患者さんには、水が掛かってしまい大変ご迷惑をお掛けいたしました(すいません・・)。
で、早速エアコンメーカーに修理の依頼の連絡を入れました。
しかし、今は猛烈な灼熱の天気。
エアコンの修理依頼が引きも切らない時期だと思います。
そんな中、急いで修理に来てくれました(感謝、感謝)。
午後が休診の午後に見て貰ったのです。このエアコンは開業当時か設置されているもので、既にメーカーの生産、および部品提供の時期もとっくに過ぎている型らしいのです。
ですので、メーカーの方も「修理が出来ない可能性もありますが、宜しいですか?」との事。
勿論、無理を言っているのは当方の方ですから、修理で故障しても文句も言えるはずもありません。
ただ、開業当時からあると言うことは、配管等も壁の中に入っているので、エアコンを交換すると言っても簡単ではないのです。
せめて、シーズンオフまで頑張って貰って、建設会社さんにお願いして交換しなければなりません。
そんな願いが通じたのか、メーカーの方が丁寧に診断、修理をしてくれました。
暑い中、本当にありがとうございました。

Img_6610



Img_6613


しかも、丁寧に、丁寧に説明してくれました(このブログには故障理由はちょっと掛けません・・・・・)。
おかげさまで、以前よりも快適にエアコンが効くようになりました。
再度故障が起きる前に、まとめてエアコン等、修理期間の過ぎた機材の交換をしていかないと行けないと思いました。
突然停まっても、大変なので。
しかし、私は周りの人々に助けて貰いながら生きてるな。
感謝、感謝。
有り難いな。

2018年8月 2日 (木)

命の危険性がありますって・・・(汗)。

最近夜は、眠たくなるぎりぎりまで残業(無理はしない程度)し、早朝起きて、夜出来なかった仕事をするようにしています(このブログも朝書いてます)。
夏休みの宿題をするときに「朝の涼しいうちに宿題をやってしまえよ」って言われても全くやらなかったのに、中年以降ではえ子供の頃出来なかった朝の仕事(勉強)が出来る様になったのは何でなんでしょうね(笑)。
やはり、本当に暑いと体が言うこと聞かなくなるからでしょうか。。。?
NHKのアナウンサーが昨日の朝のニュースで、「命に関わる暑さです。十分にお気をつけください」と言っていましたが、それって凄いですよね。いや、冗談ではなく。
エアコンが効いた場所が少ない被災された方には、本当に大変な事です。幾ら同情しても仕切れない位です。
しかも昨日は、子供たちのプールが中止になりました。水温が30°以上に成ったため見たいです。
もう、かるい温泉ですよね(苦笑)。
昨日も歯科医師の先輩が、「今日は患者さんが凄く少ない」って嘆いていました。
何でだろうって。
その先生は老人歯科の先生なのですが、多分暑さのせいだと思います。
この問題については全くオチもなく、ただただ皆さんが何事もなく過ごして頂く事を祈るしかないのです。

L1006840



2018年8月 1日 (水)

これは辛いね。

Img_6638


先日、安西水丸展を観に行った事を、このブログで報告させて頂きました。
そうしたら、心境の変化が起きたのか、懐かしくなったのか、村上春樹さんの著書「村上朝日堂」を再び読みたくなりました。
もう、何百回と読み返した本です。2回ほど買い直したかな。
読み直してみて、とても懐かしかったです。
本中では,村上さんはまだ30歳代。私は10代でしたから本当に、本当に昔々ですね。
そのエッセイの中に、村上さんが遠い昔の役人が考えた「拷問」が非常に良く出来ている・・・見たいな事が書かれていました。それが実にユニーク(笑)。
その中で、村上さんが昔見た「マラソン・マン」という映画の話しが出ていました。
その映画は、ナチの残党がユダヤ人の青年を捕まえて拷問する話しだったみたいなのですが、このナチのおっさんがもと「歯科医」で、青年の虫歯をドリルでぐりぐりと神経をひっかき回し、それをしつこく繰り返す。。。。みたいな映画だったみたいです。
村上さんは、「普通に歯科医に通院しても怖いのに、こんなの見せられたら怖くて歯科医院に行けないよ」なんて書いて、このエッセイを閉じている(苦笑)。
ほんと、この神経露出ぐりぐりなんて歯医者でやられたら、まず気絶しますね(泣)。
しかし、読み返せば、読み返すほど、歯医者は怖いって感じるね。
優しくしなくちゃね。

Img_6639


2018年7月31日 (火)

負けず嫌い。

仕事ばっかりしているって、このブログに書くと「なんか、嫌な感じ〜〜」ってなりがちなのですが、自由になる時間は殆ど残業ばかりしています。
それは、お盆休み前までに主要な仕事を終わらせたいからなんです。
だって、休みの間は「だら〜〜っ」と何にも考えずに過ごしたいんだよな。
昨晩も、寝る直前まで矯正のワイヤーの屈曲を行っていました。

Img_6627


家族は皆、寝ていましたが(涙)。
次の日の朝、6時頃に歯科医師会の友人からラインが。
仕事の事に関してでした。
しかし、朝の6時に既に友人は仕事モード。
もう、寝ていられなくなっちゃいました。
だって、ライバルは既に仕事をしているのです。朝6時に。
直ぐに飛び起きて、私も朝ご飯ぎりぎりまで仕事してやりましたよ(フフフ・・・)。
ただし、昨晩も遅かったので、少々眠い。
自分のペースでやれば良いのにっていつも思いますが、なぜか駄目。
若い頃は「負けず嫌い」では全く無かったのです。
若い頃の負けず嫌いはとても良いと思いますが、中年の負けず嫌いは、周りに迷惑なだけですよね。
反省。

2018年7月30日 (月)

恥ずかしい状態での診療

1週間前の事です。
この暑さだと、室内で仕事をしていても長時間集中して診療をしていると、かなり疲れが蓄積してきますす(スタッフの皆様、本当にご苦労さまです!!)。
その日は親知らずの抜歯が立て続き、ほんとに疲労困憊(💦)。
ちょっと患者さんが途切れた時を見計らって、自宅へとダッシュ。
買い置きしているリポビタンDをがぶ飲みして、診療に戻りました。
診療に戻ってしばらく立ってからの事です。
なんだか、患者さんの目線が私の指先というか、手に集中しているのです。
私も、何か手違いでもあったかと自分の手をさりげなく見てみると、グローブの私の手のひらに何か貼ってあるのです。
私は、直ぐにピンときました。
リポビタンDに貼ってあるシールです。
急いで飲んだときに、手のひらに貼りついてしまったのでしょう。
顔から火が出る恥ずかしさといったらこの事かと思いました。
ほんとに恥ずかしかったです。
その後、精神的に冷静になり、「これはブログの記事なる」と判断して写真を撮る冷静さは、さすが慢性ネタ切れ症候群。
ファイトー・・・・いっぱ〜〜つ!!

Img_6603



Img_6604



Img_6645



2018年7月29日 (日)

結局、一人でも何もせず、いつもと同じ感じ。

昨晩は、奧さんと子供たちは、奧さんの実家へ遊びに行きました(笑)。
仕事が終了した後に久々の母と一緒なので、どこかに食事にでもいこうかと思いましたが、結局疲れてしまい、近くのお弁当屋さんで買い物し、母と二人で楽しく夕食。
その後、二人とも早めに就寝しました。
今朝も早く目覚めたので、母と近くのファミレスの朝食を食べてきました。

Img_6636


帰宅すると窓から見える景色に虹が架かっていました。

Img_6635


今日も何か良い事起こりそう。
涼しい朝の内に仕事をかたづけて、午後はプールか図書館にでもいこうかな。

2018年7月28日 (土)

やはり整備は大切。

自分で言うのも何なんですが、結構物は大切にする方だと思っています。
子供の頃は違いました(苦笑)。
直ぐに飽きてしまって、折角買って貰っても、精々半年といったところ。
私が中学生の時に新しい友人が出来ました。
仮に彼の名前を吉田君(仮名)としましょう。
吉田君とは息が合って、かなり仲良くさせて貰いました。
彼と同じ趣味の私は、とある「おもちゃ」で遊んでいました。
やはり「おもちゃ」にはブームがありますので、時間が経つと飽きっぽい私は直ぐに他の「おもちゃ」へ浮気してしまうのです。それは他の友人も一緒でした。
しかし、吉田君だけは、ずっと同じ「おもちゃ」で遊び続けるのです。
吉田君の自宅が貧困だから買えないって言うわけではないのです。むしろ裕福な感じでした。
子供の私達はそれをからかいます。「古い〜」とか「ダサい〜」とか。
しかし、吉田君は怯みませんでした。
子供だから、こんな大人っぽい事は言いませんでしたが、大体こんな事を言いました。
「だって、最初に買うときに一生懸命選んで、気に入った物を買ったのだから、飽きるわけないよ、他のおもちゃなんて要らないよ」みたいな。
子供の私は、その時、雷に打たれた様な衝撃でした。
子供の私の脳みそにはそんな回路は無かったからです。
それ以来、吉田くんという友人が格好良くみえて仕方がなかったのです。
あれから、私は変わりました。
吉田くんみたいになりたいって思うようになったのです。
あの時の体験以来、気に入った物を購入する様になりました。
子供の体験が今でも生きているのです。
だから、「本当はあれが欲しいけど、高いから、こっちで我慢しよう」って事は無くなりました。
「欲しいものがあったら、何年でも貯金して購入する」って決めました。
今使っているカメラもその一つ。
貯金に4年の歳月を掛けてようやく購入しました。
(もう2年経過。貯金だけでは駄目でしたので、あと3年ローンがあります・・涙)
お金をおろして、カメラ屋さんに行くときは手足が震えた程です(苦笑)。
だから、全然飽きない(笑)
毎日肌身離さず持っていたい。
前置きが長くなってしまいましたが、そのカメラで撮影すると、毎回、毎回、外せる部品は全て外して丁寧に清掃いたします。
先日、ちょっと時間があったので、いつもの倍の時間を掛けてじっくりと整備しました。
ボディからレンズまで。
で、大がかりな整備をした次の撮影時、カメラの状態が一変していました。
ピントをフォーカスする時間もいつもより短いし、シャッターを押した感じが凄く軽い。
何だかカメラが喜んでいるような気がして嬉しくなりました。
やはり愛情を持って物に接すると、物もそれに応えてくれるんだな〜〜って感じた夏でした。

Img_6090



2018年7月27日 (金)

GeePee福島セファロ勉強会

暑い日が続いております。
私達はシークエンシャル咬合を中心とした勉強会を主催していて、東京のGeePeebrothersという会に属しています。しかも有り難い事にGeePee福島として独立させて頂いて下ります。
その咬合理論に賛同してくれた新しい先生が昨晩我々と合流しました。
そこで、咬合の最初の診断でもあるセファロ分析という患者さんの骨格を計測する練習を近くのファミレスで行いました。
まずは、理論よりも慣れて頂く方が得策と考え、どんどん手を動かして貰いました。
診療後でしたので、かなりお疲れだと思いますが、今後も頑張っていきたいと思います。
次は、衛生士さんも含めた何かを考えたいと思います。

20180726_101443



2018年7月26日 (木)

新しいデンタルローンの最終説明会

先週の木曜日に当院で新に採用するデンタルローンの最終説明会がありました。
私の考えでは、デンタルローンを1社だけでは無く、各社色々と揃えて、患者さんに少しでもご自身で納得された上で利用して頂くのが良いと考えています。
私は治療費のお支払いに関しては関与する事が少ないので、スタッフに任せっきりで申し訳ないです。
今回私は黒子に徹しようと思います(苦笑)。

Img_6600



2018年7月25日 (水)

郡山歯科医師会定時総会が開催されました。

Img_6607


昨晩は、郡山歯科医師会にて平成30年度の定時総会が開催されました。
昨日はちょっと仕事が押してしまい、ぎりぎりの到着となりました。
歯科医師会の受付で、懇親会の支払いを求められました。
私、すっかり懇親会に出席するという事を忘れていて、手持ちのお金が無かったのです(お恥ずかしい)。
なぜ、無かったかというと東京歯科大学の同窓会の仕事で依頼していた名刺の束が沢山届きまして、その支払いをしたばかりだったのです。とほほ。
総会の出席だけ取ったら、直ぐに近くのコンビニへダッシュ。無事入金する事が出来ました。
そのせいかどうか分からないのですが、もうスーツが汗だく(泣)。
総会では会長の熱い思いを聞くことが出来き、こちらも熱くなってしまいました。
これからの歯科医師会はちょっと違うよって所を会員の我々も頑張って地域の方々にアピールして行かないと駄目だと思います。
質疑応答では、結構激しい議論が飛び交いました(このブログでは内容は書けませんが・・・・)。
やはり、「なあなあの関係」の弊害というのは確かに存在していると思っていて、親しき仲にも礼儀ありではないですが、細かい質問を多く執行部にすることによって、会全体が締まりますし、執行する方も丁寧な仕事を心がける様になると思います。「なあなあの関係」だと細かい事には目をつぶる様になってしまい、その細かい事が恒例になってしまい、それが大事故の引き金にならないとも限らない。
だから、昨晩の総会の質疑応答は好ましく拝聴させて頂きました(良い総会だったと思う)。
で、一番困ったのは、8時半過ぎから歯科医師会会場のエアコンが切れてしまった事。
もう、肥満の私は汗だく。
総会後の懇親会での冷たい飲み物(私は相変わらずウーロン茶。帰宅後仕事があったので、、、泣)が旨い旨い。
今後の郡山歯科医師会の展望を詳しく伺う事が出来ました。
それにしても暑い、熱い夜でした。

Img_6608



2018年7月24日 (火)

本当にありがとうございます。

私が本当に幸せ者と考えるのは、自宅から出ないでも仕事が出来ているということです。
こんなに暑い日にわざわざ診療を受けに患者さんが来院してくれて、感謝感謝です。
ニュースで、今年の暑さは命に関わる恐れがあるという情報を流していました。
体調が優れない時は無理をしないでください。
それと、御礼を言わなければいけないのは、しろくまのスタッフにです。
いつも、しろくまを支えてくれて、ありがとうございます。
暑い中ご苦労さまです。
これからもよろしくお願いします。

Dsc00800



2018年7月23日 (月)

安西水丸展

Dsc00766


昨日の日曜日の事です。
もう、先週の月曜日くらいから、「日曜日はプールに行く!!」って密かに決めていました。
やはり、体を動かすという行為はとても気持ちがいいし、何よりプールは気持ちが良い(笑)。
先日行ったプールがとても良かったので、また同じ場所。
確か朝9時からだったな〜〜ってうろ覚えでいたので、子供たちを誘って、朝8時50分位に着くように家を出発。
プールに着いてみると、9時半からでした。
そのため、ほぼ一番乗りっぽい感じでした。
プールが始まって、最初の30分はほぼ子供たちとプールを独占状態だったので、とてもリフレッシュ出来ましたよ。
その後、子供を母に預けて、私と奧さんで福島県立美術館へ向かいました。
目的は「イラストレーター 安西水丸展」を観るためです。
安西さんは2014年突然亡くなってしまいました(泣)。
まさか、安西さんがって思っていたので最初は嘘かと思ったほどです。
しかし、本当に亡くなったって実感したときからジワジワと悲しみが沸いてきた事を覚えています。
安西さんを初めてしったのは、村上春樹さんの短編集「中国行きのスロウ・ボート」の表紙を見たときが多分初めて。
それから、「村上朝日堂」の表紙や「ランゲルハンス島の午後」、「納屋を焼く・その他の続編」、「夜のくもざる」などなど多くの挿絵や表紙を手がけてこられました。
それこそ、「村上朝日堂」なんか、何度読み返したか分からないくらい。
エッセイでの村上さんの力の向けた文章とそれにマッチした安西さんの挿絵はとても合っていて、本当に暗記するほど読み返した思い出があります。
今回の安西水丸展は本当に素晴らしいもので、原画も沢山ありましたし、安西さんのすべてが詰まっている感じでちょっと感動したくらい。
閉館ちょっと前に行ったためか、あまり観覧者も少なく、ストレスなく観られたのも良かったです。
安西さんのイラストをストレス抱えて観るのはおかしいですよね(笑)。
ストレスを抜いてくれる素晴らしいイラスト達でした。
村上春樹さんのコメントも書いてあって、「この文章には安西さんのイラストじゃないと、、、でももういないんだよね」的な(うろ覚えですいません)事も書いていて、私も(多分皆さんもそう思った)、同感でした。

Dsc00813


日程的に最後のチャンスだったので、行けてとても良かった。
それにしても、福島県立美術館の素晴らしさといったら。。。。
息をのむほどの素晴らしい建物。
1時間でも2時間でも建物だけを観て過ごせるって感じ。
素晴らしい日曜日でした。

Dsc00777



2018年7月22日 (日)

昨日のクールビズのブログを読み返すと・・・。

昨日の土曜日は本当に戦争の様な忙しさでした。
この時代に有り難いことです。
その忙しい合間を縫って書いたブログなので、誤字脱字のオンパレード。
殆どのクールビズがクールビスになっているし(笑)。
しかも、クールビズのWikipediaの中には外国人の方も登場しています。
その名も「ジョーンズ(笑)」。
しかも×が付いてる(大笑)。
ジーンズって書きたかったのに。
ちょっと、面白くなって過去のブログを読み返してみると出るわ出るわの誤字脱字。
多分、今日も沢山、誤字脱字あるんだろうな。
奧さんが腹抱えて笑ってましたよ(涙)。
ジョーンズ君一覧はこちら(笑)

L1006915



2018年7月21日 (土)

クールビズ。

最近、診療以外の仕事が激増しているために、外出着に大変気を遣う様になりました。
この何年かはTシャツにジーンズ、トレーナーにジーンズにスニーカーっていう恰好が定番でしたが、最近ではスニーカーよりも革靴、普段着よりもジャケットって感じが多いです。
母校の同窓会の仕事では、皆で合わせる必要があるので、必ず上司(私の場合は大学の先輩先生)に服装の事を確認いたします。
先日も他大学との打ち合わせがあったので、先輩先生へ服装の確認をしました。
というのも、今回は普段着で良いかもしれないって勝手に思ってしまったからなのです(なんで、そう思ったかは謎です。多分疲れていたんでしょうね。。。)。
LINEでの回答は、「クールビズ」との答え。
私、殆ど外出しない生活を10年以上続けていたので、世間の常識が私の非常識みたいなめんどくせ〜〜とことがあるので、クールビズってイメージでは分かっていても、いつもスーツだったのです。分からないから。
でも、クールビズって指令だったので、一応Wikipediaで調べて見たんです。
そしたら、クールビスの定義はこうでした。
・ノーネクタイ
・ノージャケット
・半袖シャツ
・ポロシャツ×
・アロハシャツ×
・Tシャツ×
・タンクトップ×
・チノパンツ(○)
・ジョーンズ×
・ハーフパンツ×
・スニーカー(○)
(○)というのは可だけど徹底はされていない。
との事。
またスーパークールビスっていうのもあって、それはポロシャツやアロハはOKで、場合によってはTシャツやサンダルもOKみたい。
調べて見ると、すごい定義。
ただ、ノーネクタイ、ノージャケットというのがクールビスの事みたい。
そのため、私は長袖シャツとノージャケットで出席したのです。
そうしたら、皆ジャケット着用+ノーネクタイ。
私だけ完全に浮いていました(泣)。
これは、皆が非常識と言うわけではなくて、私が非常識と考えた方がよさそう。
一般的にはノーネクタイまでがクールビスで、ジャケットは必須と考えて行動した方がいいなって感想。
やはり世間知らずはいつまで経っても恥をかきますね(苦笑)。
苦労は勝手でもしろって聞いたことあるけど、こういう事なのかな?
全然違う気もしますが・・・。

L1006974



2018年7月20日 (金)

白衣の基準。

歯科医師に成り立ての頃の白衣と言えば、ケイシースタイルと言って、上下が別々のタイプの白衣を着用する事が多いのですが、私は基本的にシャツにネクタイにロングコートタイプの白衣を着用していました。(大学院の実験の時は、シャツが汚れない様にケイシースタイルを着用していました。)
ついでなので、ケイシースタイルという白衣は、主に外科の先生が着用する事が多いです。
外科では出血があったときに、毎回白衣全部を交換するのは非効率的なので、上下別々の白衣なら、汚れた方だけ交換すればOKっとケイシー先生が考案し、世界中に広がったみたいです。
歯科は基本的に外科なので、ケイシースタイルを着用する先生が多いですよね。
大学の時はふと外出する事が多いのでシャツにネクタイ、スラックスというスタイルでしたが、今は自宅が診療所と一緒なのでケイシースタイルです。
白衣って言っていますが、白は一つもありません(苦笑)。
ブルー、エンジ、紺の三色の白衣をローテーションで使っています。
やはり汚れるので、1週間に3パターンは必要なんですよね。
今日は白衣の話しでした。

Img_7192



2018年7月19日 (木)

郡山歯科医師会学術研修会〜辻本先生と中村先生の歯内療法講演会

先週末に郡山ビューホテルにおいて、郡山歯科医師会の学術研修会が開催されました。
講師は日本大学松戸歯学部の辻本泰久先生と辻本先生の元で研鑽を積まれている当郡山歯科医師会会員の中村慎介先生です。
辻本先生は歯内療法という歯根の治療が専門です。
また、辻本先生は日本顕微鏡学会の重鎮で先駆者でもあります。私も何度も講演を聴きに行った事もある有名人。ただ、今回の歯科医師会のオーダーは、顕微鏡ありきの歯内療法(歯の根の治療)では無く、一般的な歯内療法の講義というものです。
歯科用顕微鏡というのは、まだまだ一般的では無く所有している歯科医院が少ないために、顕微鏡のみの研修になってしまうと、会員全般の事を考えなければ行けない学術としては少々ハードルが高くなってしまうからです(苦笑)。
顕微鏡の先生に顕微鏡以外の歯内療法をいう難題でしたが、辻本先生は見事に、軽々とクリアーしてくれました。
やはり、顕微鏡を使おうが、使わないだろうが、基本は一緒って事なんですね。
辻本先生曰く、歯内療法の鍵は、やはり歯牙解剖を熟知し、根管内のシャープニング(歯の根の根管にへばりついている感染物の徹底的な除去)、クリーニング(根管内の徹底的な洗浄)、オプチュレーション(根管内へ緊密な根に代わる材料・薬の充填)ということに尽きると言うことみたいです。
その技術を顕微鏡を使うことで、自分の肉眼で確認しつつ出来るので精度がかなり上がると言うことです。
そりゃそうです。根管内というブラインド(見えない場所)を手指の感覚だけで行ってきた従来の歯内療法を自分の目で確認しながら出来るのですから。真っ暗な部屋を掃除するのか、明かりの付いた部屋で掃除をするのかって言ったら分かりやすいかな。
しかし、顕微鏡というのを修得するのは一筋縄ではいきません。残念ながら。
顕微鏡を購入して、直ぐに使えると言うわけでは無いのです。
私も自分の手足の様にはまだ使えません。いつもの治療の倍の時間が掛かります。ですから、現在は難しい治療にしか使っていません(勿体ないけどね)。
ただ、いち早く顕微鏡を導入して、早く臨床応用した方がよいと思うのは、私も辻本先生に賛同します。
やはり、治療の世界がガラッと代わるし、治療レベルが一段階、いや三段階は上がります。
修得するのにも時間が掛かるから、早めの導入がお奨めです。
今の顕微鏡はLEDライトが標準の場合が多いから、レンズのレベルが低くても、かなり明るいので安い顕微鏡でも十分だと思います。
私も二台目、三台目を導入するとしたら、今持っている顕微鏡よりも安い物を求めるかもしれません(逆に高いものを買うかもしれないけど)。
ただ、今回の辻本先生の講演は今後の歯内療法の可能性を広げてくれるには十分な素晴らしいものでした。
辻本先生のお弟子さんの中村慎介会員の発表は、辻本先生とは真逆の顕微鏡治療のオンパレード。
もう、ついて行けないレベルの治療の症例発表でしたので、研修というよりは、「良い物を診せて貰いました」って感じ(笑)。
郡山歯科医師会の学術委員としては、誰もが毎日行っている根管治療という親しみやすい科目で、ハイレベルの手技を学べた良い研修だったと思います。
かなり学べました(笑)
写真は中村先生よりお借りいたしました(中村先生の顔が半分しか写っていなかったので、カットさせていただきました。中村先生すいません)

37104491_1933605760025369_328300257