しろくま歯科医院 WEBサイトへ

しろくま先生のブログ
しろくま歯科医院より歯にまつわる楽しいお話や、
毎日のケアについてのアドバイスを載せていきます。
calender

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
AED
当院では、心停止の救命措置に必要なAED(自動体外式除細動器)を設置しております。

最近のトラックバック

アーカイブ

リンク



2018年12月 7日 (金)

次から次へと(苦笑)

先日紹介した拡大常務会。
これで一件落着。
今年は少しゆっくり年末の仕事の調整を行おうって思っていたのですが、来年の春に行う校友会の準備が始まってしまいました。
校友会というは、福島県にある歯科大学同窓会の集まりで、来年が我が東京歯科大の当番校なのです。
4月と言うことは、来年早々に招待状やらホテルとの打ち合わせを開始しなければいけないのです。
来年早々にって事は今年中に準備を開始しなければ行けないって事なんですね(汗)。
休みは大晦日まで取っておきます。
あ、その前に歯科医師会の仕事が残っていた。
当分、パソコンの前から離れられない生活になりそうです。

2018年12月 4日 (火)

拡大常務会

Img_7221


今週の日曜日は、ずっと準備してきた東京歯科大学福島県同窓会の総まとめの「拡大常務会」が郡山駅前ビッグアイの中にある郡山市民プラザにて開催されました。
基本的に私は事務方の方なので、会議中は今後の予定の行事、変更点、次年度の確認等の事項を必死に記録していました。
会議は終始、和やかな雰囲気で進みましたが、私は初理事会なので、ずっと緊張しっぱなしで大変疲れました(苦笑)。
しかし、こうした経験は大変人生において有意義なもので在ることは間違いないので、今後も前向きに、楽しんで行えればいいと考えております。
会議の後は下の階のレストランにて昼食を兼ねた反省会。
支部長にご馳走になってしまいました。
支部長である森田先生ご馳走さまでした(笑)

Img_7224


同窓会の大きな行事はこれで終了ですので、一息つきたい所ですが、来年早々大きな会議の準備があるので、今年出来る事は今年仕上げて、来年楽な気持ちで挑めればと思います。。
今年はあと歯科医師会の大きな仕事があるで、今日からそれに集中したいと思います。
体を壊さない程度にね(笑)

Img_7225



2018年12月 2日 (日)

多忙な午後。

先月の28日はとてもハードな一日となりました。
もともと、同窓の集まりが夜にあったので、ずっとその資料の作成につきっきりでした。
しかし、同窓の先輩のご母堂様の急な通夜が入ってしまい、急遽、午後の患者さんを受付のスタッフにキャンセルして貰い、仕事を途中で抜けだし、お通夜に行かせて頂きました。
同窓の家族の訃報には出来るだけ丁寧に対応した方が良いと思っています。こればっかりはお互い様ですし、いつ自分の助けて貰えるかもしれないですし。
お通夜では、お焼香を済ませて、会場に来ていた同窓の先輩と待ち合わせて、本来の目的の同窓会の仕事に向かいました。
場所は「労働福祉会館」。
私は実は初めて来館する場所です。ちょっとたどり着くまでに迷ってしまいました。
この会議室で行われた会議はとても大事なものでした。
自分でできる限りきちんと資料を作ってきて良かったと思いました。
精一杯作った資料でも、間違いがあり、訂正が入るのです。
これが作ってこなかったら、絶対ミスのある資料を本番の会議で提出する所でした。
やはり、真面目に一生懸命すると、人生は裏切りません(笑)。
なにを、大袈裟なって思われるかもしれませんが、その時は本当にそう思ったのです(苦笑)。
本番までもう少し(丁度このブログが出る日です)。
もうひとがんばりして本番向かいたいです。

Img_7203


Img_7208


2018年10月 8日 (月)

常務会

連休の初日(土曜)の夜に常務会がありました。
といっても、私は土曜は絶対に診療しなければなりません。
土曜にしか来られない患者さんが多数いるのです。
大体、6時ちょっと過ぎに診療を済ませて、直ぐに集合場所の「太平山」へ向かいました。
常務会というのは、同窓会福島支部の幹部会議の事です。
会員の事とか、会で開催する研修会の事とか、本部に提出する資料とかの打ち合わせです。
資料を作成するのは庶務の私の仕事なので、かなり緊張感がありありです。
実は、最近、股関節がなぜか痛くて、畳の場所で座っているのがとても辛かったです(苦笑)。
今回も幾つか作製する資料があるので、連休明けにでも開始しないといけません。
私が幹部なのも後3年ちょっと(ふ〜〜、汗)。
何とか無事にこなせればと思います。

Img_6941



2018年9月 9日 (日)

東京歯科大学同窓会県南支部食事会に行ってきました。

4日の台風が日本を直撃している晩に同窓会の食事会が郡山駅前で行われました。
確か、私がこの同窓会に入会した15年以上前はあ30人近くいた気がするのですが、昨晩はとうとう1卓の寂しい食事会となってしまいました。
恐らく、郡山には東京歯科大学の同窓生の先生が何人かいるはずなのですが、歯科医師会に入会していないため、名前と人数を把握する事が出来ないのです。
新人歯科医師や新しく郡山で開業される先生の歯科医師会離れはこんな所にも悪影響を与えているのですね。寂しい限り。
さらに、会員の先生(既にご自身の歯科医院は閉院)が来年にはご子息のいる静岡へ行かれるため、郡山を離れるとの事。
どんどんと人数が減ってく運命。
そりゃ、人数が少ないから、私みたいな小兵にまで重役が回ってくるはずです。
何とか対策を打たなければと思った台風の夜でした。

Img_6794


Img_6795


Img_6796


Img_6797


2018年8月26日 (日)

全ては自分が悪い。。。。

お盆休みの時の事です。
同窓会の資料を作製していました。(ゆっくり時間が取れる時間はじゃないと、とても対応出来ない。。)
お盆のお休み中にどうしても発送する必要があったからです。
同窓会員の住所のチェックと名札シールの印刷、それから告知用紙の印刷、宛名シール貼り、差し出し印を押し、枚数をチェック。
汗だくで、家族総出でやりました(ご家族の皆様、ありがとうございました)。

Img_6708_2



ようやく近くの郵便局へ出しに行きました。
ただ、今回の仕事で幾つかミスも犯しました(泣)
まず、カラーでコピーしなければいけない所を白黒でコピーしてしまいました。急いで仕事をするとろくな事がありません。すべて私の自腹で処理することになります。ミスは事務局に請求出来ないですから・・・・。これも勉強と割り切りました。
それと、提出した用紙の中身に日付と講師の名前の間違いがありました(講師の先生すいませんでした)。
これって致命的な間違いですよね。ほんと自己嫌悪。
幸い、支部長の先生が再送付しなくても大丈夫といってくださいました。ほんとすいません。
写真は白黒印刷してしまい、私のメモ用紙となったプリント群(泣)。

Img_6761



2018年7月21日 (土)

クールビズ。

最近、診療以外の仕事が激増しているために、外出着に大変気を遣う様になりました。
この何年かはTシャツにジーンズ、トレーナーにジーンズにスニーカーっていう恰好が定番でしたが、最近ではスニーカーよりも革靴、普段着よりもジャケットって感じが多いです。
母校の同窓会の仕事では、皆で合わせる必要があるので、必ず上司(私の場合は大学の先輩先生)に服装の事を確認いたします。
先日も他大学との打ち合わせがあったので、先輩先生へ服装の確認をしました。
というのも、今回は普段着で良いかもしれないって勝手に思ってしまったからなのです(なんで、そう思ったかは謎です。多分疲れていたんでしょうね。。。)。
LINEでの回答は、「クールビズ」との答え。
私、殆ど外出しない生活を10年以上続けていたので、世間の常識が私の非常識みたいなめんどくせ〜〜とことがあるので、クールビズってイメージでは分かっていても、いつもスーツだったのです。分からないから。
でも、クールビズって指令だったので、一応Wikipediaで調べて見たんです。
そしたら、クールビスの定義はこうでした。
・ノーネクタイ
・ノージャケット
・半袖シャツ
・ポロシャツ×
・アロハシャツ×
・Tシャツ×
・タンクトップ×
・チノパンツ(○)
・ジョーンズ×
・ハーフパンツ×
・スニーカー(○)
(○)というのは可だけど徹底はされていない。
との事。
またスーパークールビスっていうのもあって、それはポロシャツやアロハはOKで、場合によってはTシャツやサンダルもOKみたい。
調べて見ると、すごい定義。
ただ、ノーネクタイ、ノージャケットというのがクールビスの事みたい。
そのため、私は長袖シャツとノージャケットで出席したのです。
そうしたら、皆ジャケット着用+ノーネクタイ。
私だけ完全に浮いていました(泣)。
これは、皆が非常識と言うわけではなくて、私が非常識と考えた方がよさそう。
一般的にはノーネクタイまでがクールビスで、ジャケットは必須と考えて行動した方がいいなって感想。
やはり世間知らずはいつまで経っても恥をかきますね(苦笑)。
苦労は勝手でもしろって聞いたことあるけど、こういう事なのかな?
全然違う気もしますが・・・。

L1006974



2018年7月13日 (金)

奥羽大学執行部との打ち合わせがありました。

昨日は、東京歯科大学同窓会執行部と奥羽大学同窓会の先生方と打ち合わせが行われました。
何を打ち合わせたかと言えば、東歯と奥羽は2年に一度、共同で研修会を郡山で開催しているのです。
その研修会の担当は東歯と奥羽が交換で行い、今年は東歯の順番なのです。
まず、決定しなければいけいないのは、講師の決定と日程の二つ。それとそれぞれにかかる負担の分担の話しとなります。
講師の決定は、東京歯科大学と奥羽大学に関わりのある講師を選定する必要があるのです。
今回は東歯が準備順番校なので、東歯主導で決定する事になりました。
講師は、東京歯科大学同窓会執行部の一員でもある南東北病院の歯科部長でもある渡辺光弘先生に「外科的歯内療法」に関しての講演して貰う事になりました。
日にちは10月中を予定しています。
奥羽大学が日程的に10月以外は難しいと言うことで、10月の吉日を東歯の執行部で開催する事になりました。
会場の決定やそれらの準備、新しい執行部の準備物の用意など、やることが山積みで、今から頭が痛いです(苦笑)。
性格的にせっかちなので、早めに準備して、何度もチェックしないと落ち着かないので早速今日から準備を開始したいと思っています。
今の一番の悩みは、日歯生涯研修事業の登録と場所がちゃんと取れるかとても心配です。
正直、自分の歯科医院の事務仕事も既にパンク寸前なので、これに加えて同窓会の仕事もキチンと出来るか不安です(泣)。
想像以上に大変で、ブログでも泣き言が多くなるかもしれません。すいません。
でも、東歯、奥羽両校の同窓の先生にご迷惑がかからないように頑張ります。
なお、この研修会はオープンな研修会になる予定なので、東歯、奥羽大学以外の先生も受講が可能です(笑)。

Img_6590



2018年7月 8日 (日)

新執行部への引き継ぎ

今日は子供達を近くの喫茶店に誘って、私は一人コツコツと仕事をしています。
誰も居ない診療室の中の院長室で仕事をするのはなんだか寂しいのです。
本当は日曜日くらいは思う存分、休息か子供達と遊びたいのですが、仕事が山積みなのです(涙)。
ほとんどの仕事に締め切りがついているので、自由になる時間にガッツリとまとめてするしかないんです。
本当に終わらない事務仕事(汗)。
さて、昨日は午後の仕事を休診にさせて頂き、福島へ出張して来ました。
先日の郡山で行われた同窓会総会は、前執行部主導で行われたのですが、その際に、我々郡山が今後の執行部になると言うことで、私を含めた4人が新しい執行部となったので、その引き継ぎのためです。
郡山駅に集合し、全員で会場まで移動しました。

Img_65602


場所は「ザ・セレクトン福島」。
東京歯科大学の同窓会では何度も使用しているなじみのホテルです。
4時ぴったりに引き継ぎが始まりました。

Img_6565


まずは、前支部長の宍戸先生から新支部長の森田先生への引き継ぎです。
これは森田先生だけが覚えていれば良い引き継ぎではなく、すべての仕事は繋がっているので全く気が抜けません。

Img_6571


細かく、細かく注意事項が伝えられていきます。
特に注意を受けたのは、仕事は大学の代表という自覚をもって、相手に失礼のないようにと言うことです。これは、分かっていてもなかなか実行に移すというのは大変かもしれないと思いました。
疲れが溜まると緊張感も無くなっていくので、気がつかないうちに相手に嫌な思いをさせているかもしれません。
次は高木先生から渡辺洋二郎先生から専務の仕事の引き継ぎです。専務とはいわば現場の監督の様な責任のある大事な仕事なので、これも全く気が抜けません。洋二郎先生はかなり頭の回転が速く、良い判断が出来る先生なので、軽快な質問を挟みつつ、すべてを納得しているみたいでした。さすがです。
次はついに私です。小森谷先生からの引き継ぎです。
私は常任理事の庶務なので、事務仕事がメインになります。
かなり処理する仕事が広範囲なので、把握するにはちょっと時間がかかりそうです。
ただ、事務的に期限を過ぎないよう正確にこなすことが要求される仕事みたいです。
なんだか心配になり、早朝に、もらった資料をパソコンで一枚一枚調べて見たのですが、私のパソコンでは開けない資料がありました。直前になってあたふたしてしまうと困った事になる所でした。危ない危ない(冷や汗)。
最後は、勢島先生から渡部光弘先生へ会計の引き継ぎです。

Img_6572


実際の仕事の中で、一番気を遣い、実務が大変な仕事は、会計かもしれないなって思いました。
同窓の慶弔関係を引き受けなければ行けないので、常に全く気が抜けない。
私の仕事はある程度、日程が分かってるので気を緩めなければコントロール出来ます。しかし、天災や人の人生の生き死にまで気を遣わないと行けないの大変です。
出来るだけ私がバックアップしなければ(というか、私の仕事をかなりバックアップしてもらと思うので。。。苦笑)。
引き継ぎ後、皆で食事を取り、解散いたしました。
前執行部の先生方は解放された喜びから終始ご機嫌でした。こちら側(新しい執行部側)は、皆、思い重圧で皆無口でした(苦笑)。
豪華な料理の味さえも覚えていない。。。。。
郡山に戻ってからは、近くのレストランで反省会および今後の打ち合わせ。

Img_6573


Img_6575


来週には直ぐに奥羽大学歯学部の同窓の先生と打ち合わせ。
全く気が抜けません。
ただただ、任期の4年が早く終わるのを祈るのみ(笑)

Img_65743


2018年6月24日 (日)

とにかく終わった開放感が凄い!

昨日は診療を休診させて頂いて、母校東京歯科大学の同窓会郡山支部を開催し、無事終了する事が出来ました。

Dsc00556


今回は、前執行部の任期が終了するので、新に選挙を行いました。前執行部が福島だったので、今回は郡山が順番的に担当するので私も役員に任ぜられました。役は庶務です。
まあ、パソコンが使えるという理由(本当はそんなに使える訳ではないのです・・・涙)で庶務に選ばれた見たいです。
私は、命令されるとそれを正確に実行するというのは好きなのですが、自分から命令を下して組織を引っ張っていくというのは苦手なので、庶務は自分には合っていると思います。資料を整理したり、作製するのは大変だけど面白いので、まあ、頑張って2年(多分4年間)はしっかりやりたいと思います。
総会が終了した後は、学会です。
今回は母校から井上先生(東京歯科大学臨床検査病理学講座主任教授)が「歯科医療の問題点とその解決」と称して発表されました。

Dsc00470


井上先生の講義は学生の頃から、人気の先生で、とにかく講義が面白かった思い出がありました。
今回の講義はとても為になるのに、面白いっていう、最高な講義でした。

Dsc00540



Dsc00529


多分、講義中に受講者を退屈させない、飽きさせない、寝させない(苦笑)という術を自然と身につけた結果、ああいった楽しい講義テクニックを身につけたんだろうなっておもいます。
この講義で面白かったのは、現在の国家試験問題を講義の途中でちょくちょく挟んで、我々を試すんです(笑)。
正直な感想は、今の学生はこんな難しい問題を瞬時に回答しないと行けないのか(試験時間には限りがありますので)、とやや戦慄の気持ちです。時間を掛ければ答えられますが、それはあくまで何年も臨床をしてきた結果、答えが導き出せるもので、臨床経験が皆無な学生さんがこんな試験を答えられるわけないと思ってしまうのです。
で、、井上先生の答え合わせなのですが、その答えが『早く(今試験を受けなくて良かった)卒業して良かった』なのです(笑)。つまり今の我々では国家試験には合格出来ないですよって事みたいです。
こんなに難しいのなら、国家試験の合格率が低いのにも納得。こんな難しい中で合格率9割後半をキープし、1位を独走している母校は改めて凄いと思った次第。
その後は写真撮影、懇親会と続きます。

Dsc00634


なんと懇親会に関根教授が来てくれました。嬉しい〜〜〜。
私はこの同窓会をずっと裏方で準備して来ましたので、神様が「関根先生」というご褒美を私にくれたのだと思います。

Dsc00617


懇親会後はかいさいホテル最上階のバーにて二次会。

Dsc00650


もうここまで来ればもう終了も間近。とにかく最後の最後まで問題なく終了する事だけを考えて、ここ何日かを生活していたので、二次会の最後の方は一人浮かれていましたよ。
今回の同窓会が無事成功出来たのは、前執行部の先生方のおかげです。
特に私は前執行部庶務である小森谷先生の多大なるバックアップのお陰と思っています。
今後は小森谷先生から引き継いだ事を汚すことなく、次の選挙で選ばれた先生に引き継ぐまでしっかりやりたいと思います。

Dsc00504


ありがとうございました。
今は同窓会が終わって10時間くらいが経過しましたが、もう開放感で一杯。
今後も仕事が山積みなのですが、今日ぐらいはゆっくりしても良いかな(笑)。