しろくま歯科医院 WEBサイトへ

しろくま先生のブログ
しろくま歯科医院より歯にまつわる楽しいお話や、
毎日のケアについてのアドバイスを載せていきます。
calender

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
AED
当院では、心停止の救命措置に必要なAED(自動体外式除細動器)を設置しております。

最近のトラックバック

アーカイブ

リンク



« 好きな食べ物 | メイン | 水戸にて1 »

2006年7月 7日 (金)

歯が浮いた感じ

患者さんの歯に関する訴えの中で、比較的多く聞く言葉は、「歯が浮いた感じ」と言うことです。

歯が浮いた感じになる時、歯や歯の周りではどの様な事が起きているのでしょうか?

まず、歯が浮いた感じを説明するには、歯の構造を理解しておく必要があります。

歯の歯肉に隠れた部分は、骨と歯が直接くっついているわけではなく、歯根膜という薄いクッション状(トランポリンのバネみたいな感じ)繊維に囲まれています。

歯は歯根膜というハンモックでつり下げられ、それを骨が支えているのです。

歯が浮いた感じになるのは、この歯根膜の毛細血管がうっ血して腫れ、炎症を起こしているのです。歯根膜はごく薄い膜で、しかも周囲を骨に囲まれているので、腫れると行き場がなくなり、その結果、歯が持ち上がる格好になります。

歯が浮くという感じを受けている時は、実際にわずかに浮いていると言われています。

原因は、硬いものを食べたり、無理な噛み方をしたり、あるいは、疲れなどです。

忙しすぎる生活を送っていると、ストレスが溜まり、全身の血行が悪くなり、首や肩がこるのと同じで、歯根膜も血行が悪くなってしまうのです。

特に、歯が弱い人の場合は、疲れが「歯が浮く」といった症状になって現れやすいです。

急に激しい運動をしたあとや、歯を噛みしめる癖がある人も、歯に強い力がかかって歯根膜が圧迫され、歯が浮いた感じになることもあります。

またお酒の飲み過ぎで起こることもあります。

疲れやストレスを感じない生活を送る必要があります。

また、普段は自覚症状のない虫歯や歯周病も、疲れや風邪が原因で菌の動きが活発になり、歯肉の腫れを引き起こす事があります。

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/161388/5604888

このページへのトラックバック一覧: 歯が浮いた感じ

風邪気味の時、歯のまわりを、針でさしたい
ような事があります、
これも同じ原因かしら。


「歯が浮いた」感じを放っておいたら
根尖病巣出来ました。
割と小さいものでしたが、非常に痛かったのを覚えています。
そんなことがあったので、
”エンド”について調べてみたのですが
…あれは凄いですねえ…なかなか重労働…。

予防歯科がもっと進んで
歯医者さんがエンドをする回数が少しでも減ると
良いですね。

by さらこ | 2006/07/07 12:09:31

YYYさん
コメントありがとうございます。
それは、歯周病です。一度お近くの歯医者さんへご相談ください。

さらこさん
コメントありがとうございます。
それは歯周病由来の歯髄炎ですね。本当に痛いです。
しかし、さらこさんは、デンタルIQ高いですね。
よく勉強されています。
歯医者の辛さまで代弁下さいまして、感謝感謝です。
またコメントお待ちしています。

by しろくま | 2006/07/07 12:14:25

学生の頃から走った後や今では、お昼寝など仮眠を取った後に歯が浮いた感んじがします。
歯周病の新聞記事を見、心配になり、検索していたらここにたどり着きました。
自然に治るので気にも留めなかったのですが
大丈夫でしょうか?


コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。