しろくま歯科医院 WEBサイトへ

しろくま先生のブログ
しろくま歯科医院より歯にまつわる楽しいお話や、
毎日のケアについてのアドバイスを載せていきます。
calender

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
AED
当院では、心停止の救命措置に必要なAED(自動体外式除細動器)を設置しております。

最近のトラックバック

アーカイブ

リンク



2017年9月17日 (日)

今年の夏に鑑賞した映画。

Img_5375

Img_5245

Img_5220

Img_5284

Img_4859

Img_4793

どの映画も面白かったですよ。。

2017年9月15日 (金)

本当に効いた!

ネット上でネガティブ発言を繰り返すと、「自分は自分の管理が出来ない人間だ」ってネットを使って公表しているものだから、控えるようにっていう意見もありますが、私はガッツリネット配信です。
だって、管理出来ないんだもの(泣)。
ってことで、今回のブログもネガティブな事から。
私があまりに目をショボショボさせているものだから、奥さんがブルーベリー入りの錠剤を買ってきてくれました。
ブルーベリーは目に良いってよく聞きますが、実は半信半疑でした。
でも、よかれと思って買ってきてくれたのに、無碍にも出来ないので試しに飲んでみました。
朝飲んでみたのですが、午後の診療開始くらいから目のかすみがすっかり取れてクリアになっていたのです。
本当にこれにはビックリです。
どういう言うことかと言うと、今までなら老眼で見えずらい所は、眼鏡を外して見ていたのですが、その日は視点がクッキリしていて、眼鏡を外さなくても見る事が出来ました。
本当に凄い。
今はブルーベリーの錠剤を使用して2ヶ月目なのです。大体、一袋1ヶ月分なので、二袋目。
色々試してみようって事で、現在各メーカーのブルーベリー錠剤を順に使っているところです。
今回のブルーベリーも良い感じです(写真のもの)
私は自分の管理が出来ないので、奥さんが私を管理してくれています。安心。

Img_5377_2



2017年9月14日 (木)

凄いカスタマーサービス!!

子供の使う商品というにはとかく壊れやすいものです。
それは商品が悪いというのでは無く、子供の扱いが雑って事です(苦笑)
先日も息子が水筒のポーチの底が抜けてしまったっと言ってきました。
私の頃はそんなこと無かったのですが、今の小学生は学校に水筒を持参するのです。
毎日使っていますが、痛み方も激しいのは当たり前です。
しかし、ここで問題が。
水筒自体は、ポーチに守られているのか新品同様なのです。

Img_5378



Img_5379


わざわざポーチのために新品を買うのもちょっと癪に障ります(苦笑)。
そこで、奥さんがポーチだけでも販売していないかって探していたら、その水筒のメーカーに、部品だけの販売コーナーがあったのです。
これは凄いことです。昔のモデルから、最新のモデルまでの壊れそうな部品をしっかりとサポートしているのです。
車のメーカーなら、もう部品がないので新車のご購入を!って言うところですよ(笑)。
こんなに凄いカスタマーサービスが充実しているのなら次に水筒を買うときも必ずこのメーカーで買います。
とにかく凄いサービス。
見習わなければ(笑)
偉いぞサーモス!!

20170912_95643



2017年9月12日 (火)

沈黙〜サイレンス〜

先日、どうしても鑑賞したかったマーティンスコセッシ監督の「沈黙〜サイレンス〜」を見る事が出来ました。
この映画の原作は遠藤周作の同名小説「沈黙」です。
この映画の舞台は17世紀の日本、長崎。江戸時代初期の隠れキリシタン弾圧のなか、ポルトガルからの司祭(セバスチャン・ロドリゴ、フランシス・ガルペ)が日本に極秘入国する。自分が教えを受けた公明な神学者が棄教して、日本人として日本で暮らしているとの情報を確かめるため。
しかし、日本での苛烈な隠れキリシタン弾圧(虐待、殺害、拷問)を見るにつけ、なぜ熱心な信者が殺されていく中、神は彼らを助けてくれないのか、なぜ沈黙しているのかと激しく悩み、苦しみます。
ここからは、私の勝手な解釈なのですが、とある出来事をきっかけに彼に神が沈黙を破り彼に話しかけてきた様に思えてならない。
素晴らしい映画、小説というのは鑑賞者、読者に十分に考える余地を与えている作品だと思う。
そういう意味では、この映画は素晴らしいものだし、日本の空を、日本の自然の厳しさ、美しさをあんなに見事に表現しているマーティンスコセッシ監督の力量はたいした物だとため息の連続でした。
決して繰り返して鑑賞する映画ではないけど、一度は絶対に見た方がいいと思いました。
とにかく重い、とにかく考えさせる長い長い160分でした。素晴らしい。

Introduction1


2017年9月11日 (月)

会話

私は何かあると、直ぐに奥さんと会話します。
基本的にどんなことでも喋ります。
私は、何か悩み事があったりするとパターンがあるらしく、ムスッと黙ってしまうか、饒舌に何でも喋り出すかの二つが多いらしいです。
先日も自分の歯科経営について悩み、自己嫌悪に陥って居るときも、奥さんが話しかけてきました。
「調子わるいの?」って。
そこで、今の自分の考えを聞いた貰い、色々と意見交換をすることが出来ました。
話し合いをするなかで、奥さんが言ったことは「色々悩んで、前に進むことが経営なんじゃない?」
こうして悩んでいるのも経営にとっては悪いことじゃないって会話の中で導き出せました。
なんだか、気持ちがすっとして悩みが直ぐに無くなりました。

L1001523



2017年9月 9日 (土)

ようやく交換しました。

歯科医院の仕事は治療や歯のメンテナンスだけではないのです。
経理も大事なお仕事です。
両替用の小銭を準備したり、税理士さんや労務士さん、材料費の支払い、従業員さんのお給料の手配、お付き合いのある金融機関とのお仕事、レセプトの準備等々、結構忙しいのです。
そのお仕事は自宅2階の私の奥さんが担当しています。
朝、私が1階のしろくま歯科に出勤するとほぼ同時に事務のお仕事が始まります。
やはり、事務の仕事に欠かせないのがパソコンです。
今使っているパソコンは、東日本大震災の前後に確か購入した記憶がありますので、結構年季が入っています。

Img_5180


見た目はまだ新品同様なのですが、起動しなかったり、突然シャットダウンしてしまったり、金融機関のHPに繋がらなかったりと、色々と問題が出てきました。
そこで、ついに重い腰を上げて新しいPCを購入する事にしました。
歯科用の重いソフトを使用する必要はないので、ヨドバシカメラで購入いたしました。
今まで使っていたパソコンはかなり長い間使っていましたので、メモリを新しいPCに移行するのに、かなりの時間が掛かりました。
やっとこさ、新しいPCに交換しました。

Img_4745


見た目は全く同じなので、新鮮味には掛けるのですが、やはりサクサク動くし、とにかく早い。
年季の入った私の体がサクサク動かないのは、やはり古いせいなのかな?と考えてしまいました。
年季の入った歯科医院の機材も新しく交換すると、電気代、効率ともにアップするのかな???
今度、斉藤くんに相談してみよ。

Img_5179



2017年9月 8日 (金)

ビックアロハ

ちょっと前の話です。
私がお盆休みの時です。
子供たちが、私の目の前で「つ〜れてって、つ〜れてって、連れてって〜〜」というハワイアンズのCMの踊りをやって来るので(笑)、家族で行くことにしました。
お盆休み期間中は、雨がずっと降り続いていていたため、誰もプールになんか行かないから空いていて丁度いいなって思っていました。
ところが、ハワイアンズは凄い人だかり。
プールの中は芋洗い状態(苦笑)。
泳ぐなんてとんでもない。流れるプールなんて、ただ浮かんで流されているだけ。
子供はそんな状況も面白いのか、「きゃっきゃ、きゃっきゃ」とはしゃいでいますが、それに付き添っている大人はグッタリ。
子供が、今度はビックアロハをやりたいと言ってきました。
ビックアロハとは、今年完成した高低差世界一のウォータースライダーの事です。
で、その入り口に言ってみたら待ち時間3時間。
肌寒い雨の日に水着で3時間経ちっぱなしというには、どう考えてもまともじゃない。
子供たちは渋りましたが、説得して断念しました。
子供達は一瞬の楽しみに掛けますが、大人はコストパフォーマンスを重視したい(笑)。
ビックアロハをするには作戦を立てないと。
朝一で並んで、さっと滑るのが一番かな。
帰宅するときの夜に見上げたビックアロハが恨めしい。

Img_5176



2017年9月 7日 (木)

またしても・・・・(泣)

このブログで、「久々に筋トレが出来た!」って事を書こうと思っていたのです。
よく奥さんに言われるのが、「男性って、定期的に体を鍛えたくなるものなの?」って質問です。
私の場合は、学生時代ずっと運動部に所属していたからか、体が鈍ってきたなって思うと、無性に重い物を持ち上げたくなるのです。
ここのところ、ずっと腰痛に悩まされて来たので、ずっと筋トレ出来なかったのです。
腰の状態がかなり楽になって来て、久々に筋トレをしました。
息子と一緒に(笑)。
そりゃ気持ちよかったですよ。久々にやりましたから。
私の場合の筋トレは、ダイエットとか筋肉を付けるといった意味ではなく、ストレス解消って意味合いが大きいです。
だから、楽しみな筋トレ(笑)。
それから何日か経って、朝ベットから起きようとしたら、またしても腰がグキッっとなってしまいました。
こりゃ、一回整体の先生に診た貰った方が良いかもしれないですね。
ポンコツな体(泣)。

2017年9月 6日 (水)

夏の終わり

夜中に寒すぎて目が覚めました。
もう、薄着で寝るのは寒くなってしまいました。
すっかり厚着してからじゃ無いと眠れなくなってしまいました。
なんだか、今年は暑い時は仕事ばかりしていて、体一杯日光を浴びたことは少なかったです。
もう気持ちは来年に期待ですね。

L1001425



2017年9月 5日 (火)

ブログはいつ書こうか?

基本的にこのブログは書き貯めしておくのですが、どうも最近は書き貯めすること出来なくて、何とか更新しているって感じなのです。
奥さんからは、「もうブログ毎日書くのは止めたら? 不定期でいいんじゃない」って言われています。
でも、一日でも書かないとなんだか気持ちが悪くて。
で、考えたのがブログはぎりぎりまで書かないっていう今までとは違うやり方(笑)。
夜に仕事しないといけない時は、あえてブログを書かないでおく。
性格的にブログ書かなくては、いけないって夜にパソコンに向き合うことが出来る。
ついでに他の仕事も一緒にやってしまうので一石二鳥。
しかし、精神的に悪影響があるから、やはりいつも通り書き貯めちゃうんだろうな。

L1001396



2017年9月 2日 (土)

自主的に(笑)

何気なしに、従業員の方へ向いたら、彼女たちが自主的に矯正の練習をしていました(笑)。
自主的に取り組む姿に感涙でした。

Img_5221



2017年8月29日 (火)

書店ゼロの街

24日の朝日新聞に「書店ゼロの街 2割超」という記事が一面で掲載されました。

Img_52322


なんと福島には28自治体も書店ゼロなのです。
どうりで、最近本屋が少ないと感じました。
子供の頃は郡山の駅前に住んでいたので本屋は至る所にありました。
本当に当時が懐かしいです。
この記事によると一般書店は売り上げの75%前後を取り次ぎ会社などに支払い、家賃や人件費などの経費が20%あまり掛かるため、利益は2%前後なのだそうです。そのため、出店出来る1ヶ月売り上げの最低ラインは1千万円なのです。現在の本離れ、ネット販売などの本屋離れを考えると、現実的にはかなり苦しいと言わねばなりません。

L1000705


私なんか本屋が大好きで、旅行先や仕事で訪れた街では必ず本屋を探して小一時間時間を潰す位、私のオアシス的場所なんです。
しかし、最近は喫茶店が併設されていたりして、集客に力を入れている書店もあることは確か。
何事も企業努力なのでしょうか。
ちょっと寂しい。

L1000702



2017年8月27日 (日)

ソースカツという駄菓子

Img_5229


Img_5230


2週連続で歯科医師会の会合に参加してきました。
今回は地域保健委員会。
この地域保険委員会というのは、3つの部署に別れていて、「公衆衛生部会」「学校歯科・健診部会」「訪問部会」です。
私はその中の「学校歯科・健診部会」に所属するみたいです。新しい執行部のなかで。
新しい執行部が始まりましたので、理事長の命で、新しい部会長の選出が行われました。
この地域保健委員会の一番の仕事は6月の虫歯予防の日に合わせた「歯の健康フェアー」です。それと歯科医師会以外の方々のために仕事をする部署です(地域の住民の方の健康を守る)。
ここで議題に上げられたのは、認知症に対する歯科の取り組みでした。
歯科と認知症とはあまり接点がないと思えたのですが、会員の先生方の報告で、「そういえば、そういった事はあるな」という報告ばかり。
例えば、入れ歯を先週入れたばかりなのに、患者さんが「入れ歯は絶対に入れていない」と言ったり、通院している歯科医院では無いところに通院してしまったり、治療費や保険証が無いままの受診といった事例も認知症では?との報告されていました。
確かに、数は多くないけど当院でも思い当たる節がありますね〜〜。
地域保健委員会が終了後、懇親会には参加せず(かなり疲れていたし、帰りが遅くなるのは辛いので。。)、ちょっと一息するために近くの喫茶店で読書を30分ほどしました。

Img_5231


なぜか、急にソースカツという駄菓子が食べたくなり、コンビニに行きました。
なぜ、ソースカツという駄菓子が食べたくなったのかは分かりません。ほんと、紙のお導きが有ったとしか思えない(笑)。
とにかく読書よりもソーツカツじゃ!!って事でした。
ちなみに、普段はあまりこの駄菓子は食べて事ありません。
なんでだろう。ほんと体の不調なのかしら???

Img_5228



2017年8月25日 (金)

ちょっと悪いことしているみたいで・・。

先週末、仕事が終わってから、家族で東京へ一泊してきました。
何かイベントがあるって分けでは無かったのですが、どこかに宿泊してって旅行が最近全く無かったため、家族で宿泊ってイベントが欲しかったのかもしれません。ちょっと贅沢な気もしますが。。。
宿泊した次の日は、予定もなにも無いので、ただ東京の街をブラブラと散歩して返ってきました。
出かけた日は、夜に出発したので東京に着いた時間は夜も結構更けていました。
いつも早めに就寝している子供たちには、知らない街を夜中に歩いているっているだけで、もう一大イベント(笑)。
もう、かなり興奮しています。
夕飯はしっかり食べて出発したのですが、ホテルに着く頃にはもうお腹ぺこぺこでした。
私と子供たちで、ホテルを抜け出し近所のコンビニへカップラーメンを買いに行きました。
ホテルの部屋で家族で分け合って食べたラーメンは、なにか悪いことをしているというスパイスも加わってかなり美味しかったです。
子供たちも大喜びで、それだけでも来た甲斐があったなと思ったのです(笑)

L10010152



2017年8月24日 (木)

常備薬

L1001182


非常に悲しい事ですが、最近薬を手放せません(苦笑)。
特に、ビタミン剤と頭痛薬。
薬局の方に、液状の栄養ドリンクよりもタブレットのビタミン剤の方が効果が高いって聞いたためです。
それと、気象の変化により訪れる偏頭痛用の頭痛薬。
本当にやれやれな老いぼれな身体。
腰痛で筋トレもご無沙汰なので、身体は弱る一方。
たまにこうして自分の体の不調を訴えて、自分の不健康自慢をしていると、結構自分でも笑えてきます。
自分で自覚出来ている間は何とかなるような気がして(笑)。

L1001181



2017年8月20日 (日)

仕事場の環境

お盆期間中の事です。
奥さんが子供を連れて実家に行っていた時の事です。
自宅には私の母と私しか居なかったので、朝一緒に近くのファミレスに朝ご飯を食べに行きました。
ゆっくりした時間を過ごす事が出来たのですが、一人になっても特にやることが無いのです。
そのため、貯まりに貯まっている仕事をこの際に片づけてしまおうと思いました。。
しかし、かなり一人で寂しいのでどこか喫茶店にても行って仕事をしようと思いました。
ただ、いつもの場所だと気分転換にならないので、ちょっと遠出していつも行かない喫茶店に行きました。
その喫茶店(スターバックス)は、私のようなパソコンを抱えたサラリーマンが多く居て、とても仕事がやりやすそう(笑)。
早速、なにか飲み物を注文しなければと思い、いつも飲んでいるブラックコーヒーではなく、今回は「コーヒーフラペチーノ」というちょっと甘めのアイスコーヒーを注文。
結構美味しくて、癖になりそう(笑)。

Img_5091


そこで、仕事を始めたのですが、いつもの環境と違うせいか、アイディアが豊富にあふれ出てきました。
夢中になって仕事したせいか、11時に入った時間がいつのまにか3時近くになっていました。
喫茶店にはかなりご迷惑をお掛けしてしまいました。
周りに仕事をしている方がかなり少なくなってきたので仕事場を変える事にしました。
荷物と一緒に車に乗り込み、他の喫茶店を物色中に、他の用事を思い出しました。
猪苗代湖周辺の写真を撮らなければいけないと思い出したのです。
10月に故郷や私の仕事ぶりを紹介するちょっとした仕事があるのです。その写真や資料がない事に気がつき、時間があって一人の時は今しかないって事で一人で猪苗代湖や野口記念館に行ってきました。
一日中ずっと仕事の事で歩き回っていたのでかなり疲れましたが、充実した一日になりました。
たまには仕事場を変えてみると効率的なのかなって再認識した夏の一日でした。

Img_5101



Img_5115



2017年8月19日 (土)

プレゼント

しろくま歯科が夏休みに入る前の事です。
私が矯正の治療をしている患者さん(男の子)が、診療の最後に、「先生、これお土産」ってお土産をくれました。
北海道に行った時に買ってきてくれた見たいです。
とても嬉しいです。
しかし、私の娘がそのお土産をとても気に入ってしまい「私に頂戴」ってせがまれてしまいました。
折角、先生が貰ったのにごめんね。
娘と共有する事にしました。娘も大切にしているし、許してください。
それにしても可愛いね。
ありがとう、吉田君。

Img_4942



2017年8月18日 (金)

お盆

お盆は仏教における盂蘭盆会(うらぼんえ)、または盂蘭盆(うらぼん)を略した言葉とされており、太陰暦(旧暦)では、7月15日(または8月15日)に行われる夏の御霊祭のことです。
まあ、当たり前ですがしろくま歯科医院の夏休みはお盆の時期に合わせています。
夏休み最初の早朝に母とお墓の掃除に行きました。また改めて家族でお墓に来ようと思っているのですが、今年の夏は雨ばかりで中々お墓参りに行けないので、初日に行ってきて良かったです。
お墓の掃除するとかなりの雑草が生えています。肌寒い朝でしたので汗はかきませんでしたが、かなりの大仕事でした(苦笑)。

Img_4979



Img_4978


でも、お墓を掃除するってなんだか、心が浄化されるみたいで気持ち良いですよね。
その日に、奥さんの実家にもお盆で訪れました。
いつもは夏にはあまり奥さんの実家には行かないのです。なぜならカエルが沢山出現するから。
とにかくカエルが苦手なんですよね。私。
でも今年はなんだかとても行きたい気持ちになってしました。なぜだろう??
それと、今年生まれたばかりの甥っ子(赤ちゃん)にも逢うことが出来ました。
可愛い赤ちゃん(甥っ子)は、息子と同じ誕生日なんです。

Img_5154


まだ寝返りも出来ないみたのなのですが、今後が楽しみな感じです。
また、今回の奥さんの実家では、迎え火という行事を見学する事ができました。
私の生まれた場所は郡山の駅前でしたので、迎え火などはとても出来ません。火事だって通報されてしまうから(苦笑)。
『迎え火』というのは何かと言えば、一般的に、13日の夕方か夜に菩提寺とお墓に参り、祖先の霊を迎えます。
これを「精霊迎え」と言います。この時に霊が迷わず帰ってこられるように焚くのが「迎え火」です。地方によってはお墓からの道筋に、たくさんの松明かりを灯すところもあります。
とても神秘的な体験でした。
奥さんの実家の道沿いの殆どのご家庭の方が示し合わせた様に道沿いの出てきて、この「迎え火」を行っていました。

Img_5060


子供たちはこの迎え火の火で花火をして喜んでいましたが、私はただただ感動し、神秘的な行事に心打たれました。

Img_5061


最近どこに行くにも持ち歩いているカメラのシャッターをただただ押しまくりました。ほんと幸せなひとときでした。
その後は、家族みんなで白河にある「小説の門」というおこわの専門店に食事に行きました。
このお店は奥さんと出会う前から、私も好きで個人的に通っていたお店でした。
とにかくおこわが美味しいのです。
とても良いお盆を私なりに迎える事が出来た夏休みでした。

Img_5073



Img_5067



2017年8月15日 (火)

子供の急な発熱

歯の治療をする時に一番私が重視するのは、患者さんの口の中の感覚です。
具体的にどういうことかと言えば、「2,3日前から違和感が強くなってきた」と患者さんが訴えてきた時は、その違和感に付いて詳しく調べる必要があります。
たとえ、歯科医学的に何の問題も発見出来なくても、患者さんが違和感を感じている事は事実なので、詳しくお話を伺って、解決する努力をする必要があります。
つまり、今までの日常を比べてみて、変化のある箇所に問題がある可能性があると思うのです。
で、ここまでが前振りでした。
私の息子、午前中までとても元気で、うるさいぐらいでした(苦笑)。
しかし、夕方以降火が消えたように静かになってしまったのです。
食欲も無いし、一緒に遊ぼうって誘っても「遊ばない」ってそっけない返事。
最初の歯の違和感の話しでは無いけど、明らかに午前中とは態度に変化があります。
しかもなんだかグッタリとしていて、横になってばかり。
ついに、お腹が痛い、喉が痛いって言い出しました。
熱を測ってみると、なんと39度越え。
これはただ事ではないと、近くの南東北の救急へ連れて行きました。
しかし、南東北の救急には本日小児の先生がいないため、太田西ノ内病院へとの指示。
こういった的確な指示はとても有り難いです。
直ぐに太田西ノ内へ。
有り難い事に直ぐに見て貰えました。
その小児の先生は、まだ新人のような感じでしたがとても感じが良くて、息子にも分かりやすい言葉で話しかけてくれて、とても信頼できる先生だと思いました。
私はもうかなりのおじさんですが、若い先生に色々と教えて貰ったみたいです。
息子も安心したみたいで、自宅に帰宅後は先生の教え通りにおとなしく就寝出来ました。
朝には平熱に戻っていたので良かったです。
自分の子供は目の中に入れても痛くないとか、病気になったときに、代わりになってあげたいって言われることが良くありますが、私に関しても本当にその通りで、子供のために頑張っている気がします。
子供に私の生き方を指導されているみたいで、何だか有り難い存在(子供)が近くにいるなっていつも感じます。
まあ、とにかく元気に育ってくれよ(笑)。

Img_4926



2017年8月 7日 (月)

ついにダウン。

昨日もこのブログで書きましたが、私の腰痛がどんどん酷くなってしまい、ついに土曜日の夜には動けなくなってしまいました。
近くの温泉に行って腰を温めようかなと思ったのですが、温泉に行くどころか、立ち上がることも出来なくなってしまいました。
その日は家族で近くの「古墳」を観に行く予定だったのですが一人でお留守番となってしまいました。
ゆっくり寝てれば良いのに、自宅の掃除なんかを始めてしまい、腰の状態がさらに悪化。
夜にはついに痛みが限界に来たので奥さんにお願いして、近くのドラッグストアで腰のコルセットを買ってきて貰いました。
コルセットって凄いですよね。
全く歩けなかったのに、コルセットをするとゆっくりですが歩けるようになりました。
どうにか明日の仕事は出来そうです。
やはり疲れが溜まっているのだろうか・・・・。
今後が心配。

Img_4872



2017年8月 4日 (金)

懸念事項

年を取ってくると、色々とやらなければいけない事が増えてきますよね。
若かった時は、「面倒くさい」でかたづけられていた事がそうも行かなくなってくる。
まあ、そんなものですよね。
年を取って自由になるお金や考えの広がりはあったけど、それだけ責任と仕事の重みが違ってきて重責の価値が違ってきてしまいます。
面倒くさいものや出来れば避けたい事項も引き受けていくしかない場合がおおいですよね。
まあ、懸念事項が多くなるもの。
若いときの悩み、中年の悩み。多分老人になった時にも多くの悩みがあるんだろうな。

L1000357



2017年8月 3日 (木)

親も負けられない

暑い日が続いていますね。
子供達は夏休みなので、自宅で仕事をしている私は頻繁に子供達と顔を合わせます。
子供はやはり沢山遊びたいので、面倒くさい宿題などは朝から一生懸命頑張ってノルマをこなしています。
また習いごとも一生懸命やっています。
そんな頑張っている横顔を見ていると、親としても負けていられないって感じますし、独り立ちするまでは何とか健康で頑張らねばって感じます。
毎日生きているといろんな感情がわいてきて飽きないです。
明日もがんばろう。

Img_4825



2017年8月 1日 (火)

クリームかあんこか??

1週間の仕事の体力の配分は水曜日と土曜日に持って行きます。
木曜日は午後休診。土曜日は次の日、日曜日。
だから月曜から水曜まで死ぬ気で働いて、木曜小休止。
金曜から土曜と2日をまた死ぬ気で働いて次の日完全に体を休めます。
そのため、土曜日の夜はかなり疲労度が高いのです。
先日、たまたま子供たちが私の実家の方へ宿泊しにいってしまったので、夫婦で近くのコメダコーヒーに夕食後にまったりしてきました。
本当は糖質制限とかして、身体の健康に考慮しなきゃいけないのは十分、分かっているのですが身体が甘い物を欲して、欲して仕方がない。今まではケーキなど洋菓子を思い浮かべた事が多かったのですが、最近は和菓子が食べたくてしょうが無い。特にあんこ。
コメダコーヒーを選んだのも、あんこのメニューがあると分かっているから。
奥さんからは、「一応、歯医者なんだから、甘い物を推奨するような言動は避けた方が良いんじゃ無いの?」と呆れられていますが、しょうが無いです。皆さま期待を裏切ってすいません。
私のお目当ては、「小倉トースト」。

Img_4753


たっぷりのバターとあんこをたっぷりと厚切りのトーストに塗りたくって食べます(表現が汚い・・苦笑)。そこで、新商品を見つけました。「小豆小町」

Img_4755



Img_4754


ホットミルクの中にあんこが入っているあまあまの飲み物。
小倉トーストと小豆小町で完全に疲れを払拭する事が出来ました。
あ〜〜素敵なコメダ珈琲。
こんなにあんこ欲求を満たしてくれるお店って他にあります?
富田付近ではちょっと思いつけないな〜〜〜。
水曜の夜と土曜の夜はダイエットの事は忘れます。
美味しかった。

2017年7月31日 (月)

その時のベストで望む

大学生の時はテニスの体育会系に入部していました。
私の部活内でのポジションは選手の補欠って感じ(苦笑)。
弱くも無いし、強くもないって所。
高校生の頃はテニスは自分では結構強いって感じていたのですが、大学生の体育会系はレベルの高さが半端なく、田舎で強くても、都会で基礎からキチンと教わって練習してきた学生には歯が立ちませんでした。
しかし、弱いってわけではなく全てのショットは打ち分けられたので、フットワークが調子よくボールに体が追いついたときは良いショットが打てました。
問題はフットワークに問題があり、走らされた時のショットが安定していないって事だと思っています。
これは小さい時にボールの打ち方ばかり練習してしまい、肝心のフットワークを疎かにした代償です。
ほんと、基礎は大事なんです。
(関係ないけど、大学で頭の良い友だちは英語を勉強する時には、まず発音から覚えるっていっていました。頭に発音が浮かばない状態で単語の意味なんて覚えられるわけないって。私は発音よりも単語の意味ばかり暗記しようとしていて、まったく覚えられなかった記憶あり)
で、大学テニスの時には一応補欠なので、選手と同じ練習ルーティンには入れて貰っていました。
選手の調子が悪いときや消化試合の時の為です。
そのため試合慣れしていないので、本番では実力の半分も出さないことばかり。
で、いつも練習していたのは確実に相手コートへ返せるフォアとバック。
ただ、確実性を高めるためにボールが浅くなってしまい、相手選手が上手の場合は必ず打ち込まれてしまいました(苦笑)。
でも、確実に返球するというのは相手にとってもプレッシャーになり、ミスを誘う事が出来ます。
こちらが先にミスをしては行けないのですが・・・・。
まあ、大抵負けていましたが、その時出来るショットを駆使して試合に臨むというのは大事だと思います。
大学の部活ではたいした記録は出せませんでしたが、ここでの体験は毎日の治療では大いに役立っています。
フットワーク良く治療が進められている時は問題ないのですが、難しい症例や困難にぶち当たった時は、その時に出来るベストな治療をして(たとえ、それが治癒に繋がらなくても)、次へ繋げるというのは大事な事だと思います。
先日の大雨の時も患者さんの大量キャンセルが出たのですが、焦ること無くその時出来る仕事を選択しながら過ごす事が出来たのは、体育会の部活のおかげかなとおも思っています。

2017年7月30日 (日)

ああ、見えない。

今一番自信の無いものは視力です(苦笑)。
去年まではどこに行くにも手許には本とノートパソコンを持っていて、どもでも仕事していたのですが、最近はノートパソコンの小さな文字が良く見えなくなってしまいました。そのため、仕事はどうしても院長室の大きな外面のパソコンですることが多くなってしまいました。
しかし、どうしても木曜日の午後に仕事をしなければならなくなってしまい、久しぶりにノートパソコンを持って喫茶店に仕事に行きました。
木曜日の午後は外部のお掃除の業者さんが入るので仕事が出来ないのです。
久しぶりにノートパソコンを開くので、パソコンはアップデートの嵐!!

Img_4752


全てアップデートするのに30分くらい掛かってしまいました。
まあ、折角なのでその時間は読書してまして、それなりに楽しかったです(笑)。
アップデートが終わり、仕事に取りかかったのですが、座っている椅子からパソコンの画面が見えない(泣)。
その日は老眼鏡を持ち合わせていなくて、画面にかなり顔を近づけて仕事をせざろうえませんでした(大泣)。
これからは、どこへ行くにも老眼鏡必須ですね。
もう、眼鏡ばっかり。
まあ、それも悪くはないけどね。

Img_4792



2017年7月29日 (土)

子供は良く寝る(笑)

子供達が夏休みに入って既に1週間近く経ちました。
私には子供が二人いて、長女は小学校の部活(!!)が在るために規則正しく朝いつもの様に登校して行きます。
子供の登校している後ろ姿を2階の窓から見えなくなるまで見送るのが大好きでこの何年も日課になっています。
息子の方は、まだ小さいので部活はありません。
割合、宿題等々は朝からしっかりと計画的にやってくれるので、少し位の寝坊は目をつぶる事にしています(笑)。
で、一度早朝起きて、私の母とイヤイヤながらNHKのラジオ体操をしてからソファで二度寝に入ります。こちらが心配してしまうほどぐっすり寝込んでしまいます。
大体9時半くらいまで寝込んでしまいます。
私なんてかなり疲れが溜まっていても6時半くらいには眼を醒ましてしまい、どんなに頑張っても2度寝が出来なくなってしまいました。悲しい。
とにかくすくすくと育っている子供を見るのは何よりも面白く、嬉しいものです。
親ばか夏休み日記でした。

Img_4790



2017年7月28日 (金)

朝の習慣

ふと思い立って、4月から「ToDoリスト」を付け始めました。
昔からやってはいたのですが、その時は手帳の下の方に書いていました。
しかし、ToDoリストだけ独立させたのです。
朝一で、その日にやりたい仕事を書き込みます。
この書き込みは診療の事は書きません。診療以外の資料整理とか医院に関わる細々とした事を書きます。
達成出来た項目には赤線を引いていきます。
大体の達成率は80%位でしょうか?
でも、書いた時と書かない時の一日の充実ぶりは明らかに違います。
毎日書こうと思っているのですが、体調不良な時や気分が優れない時は記入を忘れてしまうのです。
まあ、人間こういうものなのでしょうか。
でも書いた方が断然やる気になるので、これからも書いて、ちょくちょく進捗状況をチェックしながら生活していきたいな。

Img_4791



2017年7月27日 (木)

茶碗蒸し

ここ1年位なのですが、「茶碗蒸し」が異常な程好きになってしまいました。
外食する時に、サイドメニューに「茶碗蒸し」が入っていると必ず注文してしまいます。
先日、外出先で食事を選んでいる時、奥さんに「茶碗蒸しあるけど、頼む?」と言われてしまったほど。
で、なんで安心していろいろなところで茶碗蒸しをオーダーするのかというと、ファミレスでも料亭でも豚カツ屋さんでもそば屋さんでもみな殆ど同じ味。入っている銀杏、椎茸もほぼ同じ。
何だか安心するんですよね、暖かくて軟らかくて、大人のプリンみたいで。
これからも旅する先で食べて見たいです。

Img_3611



Img_4738



2017年7月25日 (火)

栄養

私は基本的に自宅から外出することが殆どありません。
自宅が仕事場なので尚更です。
自宅から一歩も出ないのにも関わらずこれだけ暑いと、さらに外出が遠のくのです。
しかし、私は基本的にインドア派なので全く外出しなくても別に平気なのです。
自宅の中に閉じこもっていても熱中症の様な状態になることもあります。
だから仕事が終わってからの比較的自由な時間はベッドに横になっている事が多いです。
そのため、読書が進む進む(笑)。
最近は、なんだかストレスが溜まっているためか、海外ミステリーのドンパチものばかり読んでいて、ストレス発散させています。
小説の中の殺し屋は、短時間で栄養補給をしなければ行けないだと思うのですが、平均して、海外の殺し屋は「レモネード」を飲んでいる場合が多いって気がつきました。
要は酸っぱくて甘い飲み物って事になると思います。
そんなにレモネードって栄養価が高いのかなって調べて見れば、レモンに含まれるクエン酸、蜂蜜に含まれる糖分にて比較的早く疲労回復があり、美容効果も高いとのこと。
なるほどね。
世界中どこでも簡単に作り出せ、安定した栄養補給にレモネードを愛する殺し屋が多いってわけね。
私は、こうした知識を小説や本で読んでニンマリと「ブログのネタにぴったりね」とほくそ笑んでいるわけですが。

Img_4727



2017年7月21日 (金)

ほっと一息。

仕事が終わり、居間のソファーでくつろぎ、子供が駆け寄ってきてじゃれ合うのは大変だけど(体が大きくなったから)、嬉しく楽しい時間です(笑)。
大人になって(今やオヤジになって。。。苦笑)、自分の目線が現実的な事にしか目を向けられなくなってしまったと自覚します。
それは先日、娘が「パパ虹っ!」と夕方の空を指さしました。
子供は大人より素敵なものを見ているなって嬉しくなりました。
ちょっと私の目はよどんでいますね。
子供の様にもっと進んで素敵なモノを見つめなければ。。。。。

Img_4674



2017年7月19日 (水)

HACKSAW RIDGE

Img_4657


映画を見たいと思ったとき、この映画はDVDがレンタルされるまで待とうか、とか、この映画はどうしても映画館で鑑賞したいとか、の基準が人ぞれぞれあると思います。
もちろん私にもあります。
今回紹介する映画「HACKSAW RIDGE」は是非とも映画館で鑑賞したいなって思っていました。
ただ、地元の郡山では上映していなかったのです。
隣町の福島で、夜の8時半から上映していると分かったので奥さんを誘い土曜日の診療終了後に出かけて鑑賞してきました。
ただ、この日は私の体調が悪くて、38度の高熱があったのです。そのため、診療終了後にちょっとだけ寝てしまいました。奥さんはもう私は映画に行くつもりが無いために寝ているのだろうと思ったそうなのです。私は9時半からの上映と勘違いしていて、少し位寝ても大丈夫だろうと勘違いしてしまったのです。実際は8時半。体調も悪いし、時間は無いから「駄目なら福島でご飯を食べて帰宅すればいいか」って事で、取りあえず出発しました。
映画館には開始5分前に到着。
観客も多くなく、ゆっくり寛いで映画を鑑賞する事が出来ました。
映画の題名となったHACKSAW RIDGEとは沖縄の前田高知の事で、多くの死者を出した壮絶な戦いの場所としても有名な所です。アメリカ兵がのこぎりの様に切り立った崖の様な形態だっため「のこぎり崖(HACKSAW RIDGE)」と呼ばれたそうです。
この映画は良心的兵役拒否者(宗教上などの信念に基づき、兵役を拒否する者)でもあるデズモンドがナイフ一本、銃すら携帯せずにハクソーリッジの激戦の中、仲間が引き上げた後も一人戦地に残り、75人の負傷者を救ったという話しです。かなりざっくり言うと。
このデズモンドが良心的兵役拒否になった理由を映画の前半で語っているのですが、幼少期に経験した大きな心を揺るがす出来事が人間の一生の信念を決定するのだなと、この映画を観て気がつきました。
映画とは関係無いけども、子供の教育はいかに小さい時に多くの経験、体験をさせてあげる事が大切なんだなと熱にうなされながら鑑賞していました(高熱のなか映画を鑑賞すると関係無いことばかり考える)。
なぜハクソーリッジでは激戦になったかと言えば、日本軍は海と空をアメリカ軍に包囲され、補給の出来ない持久戦だったのです。決して白旗を揚げない日本軍ですから、「窮鼠猫を噛む」ではないですが、死ぬ気でアメリカに向かっていくしかなかったのです。
ただ、補給品が切れれば戦えなくなり、陥落寸前だったのです。
同じ日本人としてとても複雑でした。たとえそれが真珠湾攻撃での報復だったとしても。
帰還をめざすアメリカ兵とお国のために命を捧げている日本人。
死ぬ気でやれば何でも出来るみないた心情はこういった所からきているのでしょうか?
今は効率的に・・見たいな事が叫ばれていますが。
なんだか見ていて切なくなる映画でした。