しろくま歯科医院 WEBサイトへ

しろくま先生のブログ
しろくま歯科医院より歯にまつわる楽しいお話や、
毎日のケアについてのアドバイスを載せていきます。
calender

2024年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
AED
当院では、心停止の救命措置に必要なAED(自動体外式除細動器)を設置しております。

最近のトラックバック

アーカイブ

リンク



« 本日は、臨時休診となります。 | メイン | ノーベルバイオケア シンポジウムアジアパシフィックへ »

2010年8月22日 (日)

真上から自分を見る生活

大学時代の部活はテニスを行っていました。Sky17ss

あまり、私のテニスの上達自体はぱっとしなかったのですが、とても厳しい先輩がいました。

厳しいといっても、練習が終わればとても良い先輩で、いまでも私は尊敬してやみません。

その先輩がいつも言っていたことがあります。

 『テニスの練習にしろ、試合にしろ、常に自分の状態を把握しろ。常に空から自分のことを見ながらテニスをしろ。そうすると相手の事も、自分のことも客観的に捉えることが出来る』

いつも、そういっていました。その先輩は、ハードヒットでポイントを稼ぐタイプではなく、戦略でポイントを稼ぎ、相手を多く走らせ、戦略的に試合に勝っていました。

正直、負けた試合を覚えていません。苦戦したとしても、必ず勝っていました。

自分や試合相手を常に上から見ていたんですね。

当時の私は、ボールを返すのが精一杯で、とてもそんな余裕は無かったのです。

私の診療所は、ユニット(診療台)が4台あるのですが、たいていすべてのユニットに患者さんが座っています。

どのユニットにどんな状態の患者さんが座っているのが、すべてすんなりと把握出来るようになっていました。

頭の中に、天井の無い診療所が写っていて、上から眺めている状態が浮かんでいたのです。

こんな状態が何ヶ月か続き、最近では私生活にまで上から見れるようになってきました。

例えば、この選択をすればたぶん、困ったことになるけれど、将来的には必ず良いことに繋がるから、現在は苦渋の選択をしようとか、とっさの行動にもブレーキが効いて、冷静になれるとか。

まだまだ、未熟なのですが、先輩の入っていた空から見る自分というのは、こういう感覚だったのかな?と思っています。

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/161388/24899956

このページへのトラックバック一覧: 真上から自分を見る生活

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。