しろくま歯科医院 WEBサイトへ

しろくま先生のブログ
しろくま歯科医院より歯にまつわる楽しいお話や、
毎日のケアについてのアドバイスを載せていきます。
calender

2024年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
AED
当院では、心停止の救命措置に必要なAED(自動体外式除細動器)を設置しております。

最近のトラックバック

アーカイブ

リンク



« ネグレクト蔓延か | メイン | 新しい椅子とゴリラ »

2006年6月14日 (水)

枕の選び方

最近、悩んでいることがあるのです。01

左の肩がものすごく痛いのです。就寝時や起きた時など、痛くて寝返りが出来ないほど。

毎日、診療で患者さんの口の中をのぞき込む様な姿勢を取ることが多いので、そのせいかなとも思ったのですが、どうやらそうでもなさそうなのです。

ベッドの中にいる時が無性に痛いので、これは原因は何なのだろうと疑問に思っていたので、ジムのトレーナーに相談してみました。

トレーナー曰く、「枕が合っていないのでは?」とのこと。

そこで、少し枕について調べてみました。

合わない枕に寝ていることで、どの様な症状が出るのか、このサイトから引用します

高すぎる枕

首の下に隙間ができ、顎(あご)が引けた状態になるので、肩や首の筋肉へ負担がかかり、頭痛、肩こり、いびき等の原因になります。枕が適正でも柔らかすぎるマットレスの場合も同じ状態になります。

低すぎる枕

頸椎を支えられないので負担が掛かり、寝違えや肩こりを誘発する原因にもなります。

顎が上がる枕

頭部が沈んで首は伸び、顎が上がった状態になるので、血液が頭部に下がり、脳への刺激が増えて眠りも浅くなります。口が開いた状態にもなりますので、口呼吸となり、いびきの原因にもなります。

枕をしない

頸椎を支えられないので負担が掛かり、顔のむくみや肩こりを誘発し、頭部が落ち着かないので、眠りが浅くなります。

私の症状からして、少し枕が高すぎるのかもしれません。

まだ購入したばかりの枕なので、交換するのは少し覚悟がいりそうです(冷や汗)。

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/161388/5593591

このページへのトラックバック一覧: 枕の選び方

人生の3分の1は睡眠、枕も大事な仲間
自分にあうものに巡り会いたいものです。


少し心配なのですが痛くなるのは左だけですか?

心臓に疾患があると左肩(首)に痛みを強く出ることがあります。

単なる筋疲労から来るものなら良いのですが、もし運動時にも痛みが強くなるようでしたら狭心症などの心臓の疾患も考えられるので一度受診も必要だと思います。

by しろくま(整) | 2006/06/14 22:25:58

紫花さま
コメントありがとうございます。
本当ですね。良い枕に出会いたいものです。

しろくま(整)先生
コメントありがとうございます。
ホームページ開局おめでとうございます。
とても良いですよ。
それと、首の痛みですが、今のところ筋トレ中や後に痛みが出る事はないみたいです。いちど受診してみます。
ありがとうございました。

by しろくま | 2006/06/14 23:36:22

出来たてなのでまだスカスカですが少しずつ充実させていきたいと思います。

余計なお世話かもしれませんがもし枕の購入を考えているなら低反発の物は止めておいた方が良いと思います。
頚椎の湾曲が正しく無い人の場合、更に首周りに負担をかけることになりかねません。
お近くにオーダーで枕を作ってくれるところがあると良いのですが・・・

by しろくま(整) | 2006/06/15 1:04:01

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。