しろくま歯科医院 WEBサイトへ

しろくま先生のブログ
しろくま歯科医院より歯にまつわる楽しいお話や、
毎日のケアについてのアドバイスを載せていきます。
calender

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
AED
当院では、心停止の救命措置に必要なAED(自動体外式除細動器)を設置しております。

最近のトラックバック

アーカイブ

リンク



« 歯について | メイン | アンチエイジング1 »

2006年1月28日 (土)

歯の構造と機能

昨日告知したとおり、少しずつ歯の名前や構造などの解説をしていきます。04_01

まず、考えなければいけないのは、歯の主な機能は食物を摂取し、切断、咀嚼することです。

このことから、歯の形は食性(何を食べるか)によって異なってきます。

たとえば、カエルの様な両生類、トカゲの様な爬虫類、魚類の歯は、みなどの部位でも同じ形をしています。このことを同形歯性といいます。

では、我々人間は、雑食なので、何でも食べます。肉類も草類も。

そのため、肉を切り裂く刃物も必要ですし、豆をすりつぶす臼も必要になります。

それら種々の機能に対応出来るように色々異なる形をもった歯で、構成されています。

このことを異形歯性といいます。

たとえば、前歯は食物をかみ切るのに有効です。

中心から左右に切歯2本、犬歯1本です。

臼歯は食物を砕いたり、すり潰したりします。犬歯の後ろから、小臼歯、大臼歯となっています。

乳歯(子どもの歯)では上下顎の歯の総数は20本で、永久歯(大人の歯)は上下顎で28~32本です。

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/161388/5520583

このページへのトラックバック一覧: 歯の構造と機能

今まで自分の身体の一部である口の中の、歯の使命を考えずに生きてきたことに、恥じらいを、覚えました、神は一つ、一つの小さい歯に、役割を、与えている、歯様、神様、ありがとう。

by チィース | 2006/01/28 9:20:29

チィースさま
コメントありがとうございます。
きちんと清掃することがだいじだと思います。そんなに力入れなくても大丈夫です。


コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。