しろくま歯科医院 WEBサイトへ

しろくま先生のブログ
しろくま歯科医院より歯にまつわる楽しいお話や、
毎日のケアについてのアドバイスを載せていきます。
calender

2023年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
AED
当院では、心停止の救命措置に必要なAED(自動体外式除細動器)を設置しております。

最近のトラックバック

アーカイブ

リンク



« 確認してください | メイン | 生き物の歯 »

2007年1月14日 (日)

日本歯科医師会からの報告

毎月、日本歯科医師会から広報誌「日歯広報」というものが送られてきます。

その中に、いくつかの報告がしてありましたので、ここでご紹介いたします。

平成17年患者調査の概況

平成17年(2005)患者調査の概況が昨年12月7日(木)、厚生省から公表されました。

調査の結果、歯科診療所の推計患者数(調査日に受療した患者数)は127万7千人で、平成14年の114万8千人よりも12万9千人の増加、病院と一般診療所を含めた外来患者数総数の18%でした。

男女別に見ると男54万9千人、女72万8千人、年齢階級別に見ると60~64歳が13万2千人でもっとも多く、以下、55~59歳12万8千人、70~74歳は12万1千人に順でした。

75歳以上は合計で13万4千人でしたが、年齢階級の上昇に伴い、推計患者数も減少していました。

なお、訪問診療を受けた推定患者数は3千人でした。

この統計で分かるのは、やはり、歯の寿命との関係です。歯は一般的に45~50年の寿命しかないと言われています。しかし、歯科医療の進歩によって多くの歯がその寿命を延ばしています。しかし、60歳半ばになると歯にも少し疲れが見え始め、この結果になったと思います。年齢が高くなると歯科の受診率が下がるのは、私の推定ですが、入れ歯になってしまったために、歯科の受診率が下がってしまったとの気もいたします。

私の年齢が一番患者数が多い
入れ歯にならないように自覚します。


コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。