しろくま歯科医院 WEBサイトへ

しろくま先生のブログ
しろくま歯科医院より歯にまつわる楽しいお話や、
毎日のケアについてのアドバイスを載せていきます。
calender

2024年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
AED
当院では、心停止の救命措置に必要なAED(自動体外式除細動器)を設置しております。

最近のトラックバック

アーカイブ

リンク



« 足裏コンプレックス | メイン | 日本歯科医師会からの報告 »

2007年1月13日 (土)

確認してください

昨年に新聞各紙やニュース等で聞き及んだ患者さんもいらっしゃるとは思いますが、もう一度確認しておきたいと思います。

それは、ビスホネート系と称される薬剤の投与を受けた患者さんにおいて、顎骨壊死・顎骨骨髄炎が発現したと報告されています。

報告された症例の多くは、ビスホネート系薬剤の治療中に抜歯等の歯科処置や局所感染に関連して発現しており、特にその部位付近で発生しています。

ビスホネート系製剤には、注射剤と経口剤があり、顎骨壊死・顎骨骨髄炎は癌患者に投与される注射剤での報告が多くを占めますが、まれに経口剤でも報告されている事もあります。

ビスホネート系製剤の投与以外にも下記の因子が考えられています。

  • 悪性腫瘍
  • 化学療法
  • コルチコステロイド治療
  • 放射線療法
  • 口腔の不衛生
  • 歯科処置(特に抜歯)

現在国内で販売されているビスホネート系製剤一覧

注射剤

  • アレディア(ノバルティスファーマ)
  • オンクラストテイロック(万有製薬・帝人ファーマ)
  • ビスフォナール(アステラス製薬)
  • ゾメダ(ノバルティスファーマ)

経口剤

  • ダイドロネル(大日本住友製薬)
  • フォサマックボナロン(万有製薬・帝人ファーマ)
  • アクトネル(味の素)
  • ベネット(武田製薬)

各製品の添付文書は、各製造販売会社のホームページでもご覧になれます。

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。