しろくま歯科医院 WEBサイトへ

しろくま先生のブログ
しろくま歯科医院より歯にまつわる楽しいお話や、
毎日のケアについてのアドバイスを載せていきます。
calender

2024年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
AED
当院では、心停止の救命措置に必要なAED(自動体外式除細動器)を設置しております。

最近のトラックバック

アーカイブ

リンク



« 家族の治療 | メイン | 何を求めていたかといえば。 »

2015年2月27日 (金)

大事な事を忘れてしまった休診日

もう2月も終わるというのに、朝のこの冷え込みはなんなのでしょうか?
中年の私には堪えます。皆さんはいかがお過ごしでえしょうか?
昨日は休診日でしたので、色々細々したことをして過ごしました。
休診日の一番の目的は、心身の充電に他なりませんからまずは、充電の方からいたしました。
私の充電といえば、読書と映画鑑賞です。
今回選んだ映画は『AMERICAN SNIPER」です。
本当は、奥さんと鑑賞する予定だったのですが事前の映画評で、「ちょっと重く、辛い場面もある」という評価が多く見受けられたので、奥さんはパスすることに。私一人で鑑賞することにしました。
実は、この「AMERICAN SNIPER」の元になっている「ネイビーシールズ 最強の狙撃手」という原本は2年ほど前にすでに読了ずみでした。本の内容はどちらかといえば、自分の体験記や実体験を淡々と書き記した戦争を読者に知ってもらいたいという趣向で書かれたものでしたが、映画の方は、戦争体験によって受けた体や心の傷(PTSD)に方焦点が絞られていて、戦争の残酷さ、アメリカを守るという大義名分の中で、正当化された殺人を淡々と描いている。

Img_6312


主人公のクリスカイルの仕事は、海兵隊が敵地へ乗り込む際の後方支援のスナイプ。つまり、仲間が敵地へ行く前に事前に危険な人物を射殺するのが主な仕事。そのため、彼に助けられた軍人は多く、彼を軍の英雄として祭り上げます。しかし、子供や女性などをも射殺し続ける彼の心には澱のような蝕みが溜まっていきます。もう戦争には行かないでほしい家族、英雄視され、戦争に必要とされる身分。彼の中での傾きは戦争の方へとどんどんと傾いていきます。
この映画は、今度のアカデミー賞の受賞した作品を合計しても、それを上回る売り上げを上げているのだそうです。それは納得。あの本をこのような美しい映画に作り上げるクリント・イーストウッド監督の手腕も見事です。
しかし、鑑賞後の体はぐったりと疲れました。
疲れた体のまま(放心状態といったほうがいいかな?)、目的も忘れて近くの大型書店へ。そこで目的の本を2冊と、以前読んで感銘を受けたんだけど、売ってしまった本をもう一度買い直し。良い本って売ってしまってから気がつくんだよね。今年はまで2月なのに買い直しの本はすでに2冊目。

Img_6313


そのまま空腹に耐えられず、久々の一人カプリチョーザ。カプリチョーザは大学生の頃から通っているのでかれこれ20年以上の付き合い。昔からニンニクのスパゲティしか食べない。なんでだろう?

Img_6309


空腹を満たし、娘の電子ピアノを買いにヨドバシカメラへ。この電子ピアノも家族で何度も会議を重ね、納得の行くものを見つけ出しての購入。結局一番安いお手軽なものに。1万円ちょっと。パパとしてはもう少し高級感があるものを買ってあげたかったんだけれど、娘がこれがいいというのでしょうがなく。しかし、価格表示よりも5000円も安く購入できた。なんかの特売日だったのかしら。
ラッキーには違いない。

Img_6311


気分良く、帰宅して思い出した。
今日の目的は、研修会の会場の相談に市役所行くんだった。何やってんだか。

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/161388/33178679

このページへのトラックバック一覧: 大事な事を忘れてしまった休診日

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。