しろくま歯科医院 WEBサイトへ

しろくま先生のブログ
しろくま歯科医院より歯にまつわる楽しいお話や、
毎日のケアについてのアドバイスを載せていきます。
calender

2024年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
AED
当院では、心停止の救命措置に必要なAED(自動体外式除細動器)を設置しております。

最近のトラックバック

アーカイブ

リンク



« 矯正のワイヤー屈曲。 | メイン | THE LEGEND & BUTTERFLY »

2023年3月15日 (水)

プライベートの時間に多く使っているもの。

診療中は常に歯を削るエンジン(タービン)やインスツルメント(道具)を握って仕事をしているのですが、実は仕事が終わってからも模型用の器具を握っています(笑)。

趣味を満喫している時間で一番多く使っているのは、なんと言ってもニッパーというプラモデルを切断する爪切りみたいなもの。

ニッパーのグレードはピンキリで、安い物から高い物まで数多くのラインナップが揃っています。

私は中間くらいのニッパーを使っているのですが、まったく問題ありません。

ニッパーには切ってはいけない箇所と切っても良い箇所があります。ニッパーの刃は限界強度が存在するので、薄い切れ味の良いニッパーで太いプラスチックのランナー(プラモデルの部品と部品をつなぐ棒状のプラスチック)をカットし続けると刃こぼれが起きて駄目になってしまいます。

そのためニッパーはカットする部位ごとに使い分ければ長いこと切れ味が良い状態をキープしながら使い続けられます。

私も模型を始めたばかりの頃は適切な使い方をしなかったためによく刃こぼれを起こし廃棄したものです。

最近は使い方が上手くなったのか、ほとんど刃こぼれしません(メンテナンスもしっかりやっているし)。

ただ、今使っているニッパーは3年目で刃こぼれが起きてしまいました(残念)。

Img_1189

大切に使っていたのに残念です。。

ただ、新しいニッパーを購入したので、また切れ味が良くなるので、これはこれで嬉しいかな。

Img_1190