しろくま歯科医院 WEBサイトへ

しろくま先生のブログ
しろくま歯科医院より歯にまつわる楽しいお話や、
毎日のケアについてのアドバイスを載せていきます。
calender

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
AED
当院では、心停止の救命措置に必要なAED(自動体外式除細動器)を設置しております。

最近のトラックバック

アーカイブ

リンク



« 郡山歯科医師会学術研修会〜辻本先生と中村先生の歯内療法講演会 | メイン | クールビズ。 »

2018年7月20日 (金)

白衣の基準。

歯科医師に成り立ての頃の白衣と言えば、ケイシースタイルと言って、上下が別々のタイプの白衣を着用する事が多いのですが、私は基本的にシャツにネクタイにロングコートタイプの白衣を着用していました。(大学院の実験の時は、シャツが汚れない様にケイシースタイルを着用していました。)
ついでなので、ケイシースタイルという白衣は、主に外科の先生が着用する事が多いです。
外科では出血があったときに、毎回白衣全部を交換するのは非効率的なので、上下別々の白衣なら、汚れた方だけ交換すればOKっとケイシー先生が考案し、世界中に広がったみたいです。
歯科は基本的に外科なので、ケイシースタイルを着用する先生が多いですよね。
大学の時はふと外出する事が多いのでシャツにネクタイ、スラックスというスタイルでしたが、今は自宅が診療所と一緒なのでケイシースタイルです。
白衣って言っていますが、白は一つもありません(苦笑)。
ブルー、エンジ、紺の三色の白衣をローテーションで使っています。
やはり汚れるので、1週間に3パターンは必要なんですよね。
今日は白衣の話しでした。

Img_7192