しろくま歯科医院 WEBサイトへ

しろくま先生のブログ
しろくま歯科医院より歯にまつわる楽しいお話や、
毎日のケアについてのアドバイスを載せていきます。
calender

2024年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
AED
当院では、心停止の救命措置に必要なAED(自動体外式除細動器)を設置しております。

最近のトラックバック

アーカイブ

リンク



« 本日は、完全に趣味のお話 | メイン | 身なりに気をつけるということ »

2010年10月19日 (火)

人間を育てるということ

しろくま歯科医院に入社して、約1年もすると、とてもスムーズに仕事が出来るようになります。Photo

衛生士さんや助手さんが、私の診療の際のクセや好みを覚えてくれるからです。

これは非常に大事なことだと思っています。

やはり、治療途中に戸惑うと、チェアータイム《治療時間》が伸びますし、患者、Dr両方がかなりのストレスが掛かるからです。

そのため、新人の従業員が入社すると、かなり一生懸命指導していきます。

もちろん、すべての従業員を同じには扱いません。人それぞれキャラクター(個性)がありますので、その人にあった指導法を採用します。

例えば、厳しく言った方がよく身につく人、厳しく言ってしまうと逆に萎縮してしまう場合は、ほめながら育てるといったように。

もちろん、個人差がありますから、時間がかかる場合もあります。しかし、逃げずにちゃんと付いてきてくれると、かなり良い方に大化けする可能性があります。

過去には、仕事を覚えるのが辛くて、辞めて行ってしまった人たちもいましたが、実に残念なことです。

私は、自分で言うのも変ですが、きつく言われると萎縮するタイプのようです。大学院の時、能力が足りない私は、かなり皆の足を引っ張っていました。やはり団体行動ですから、厳しく叱られます。

精神的に脆いので、立ち直るのに何日もかかるのです。でも、主任教授だけは、私を見抜いていたようです。研究の指導の際も、常に優しく指導してくれました。さすがです。

かなり勝手な良いわけですが、この時、人間の育成について学んだように思います。

私は、実は父親譲りの短気ですから、たまに人格関係なく従業員に対してキレてしまいますが。

反省しなければいけません。

私もまだ人格育成中なのです。

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/161388/25261185

このページへのトラックバック一覧: 人間を育てるということ

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。