しろくま歯科医院 WEBサイトへ

しろくま先生のブログ
しろくま歯科医院より歯にまつわる楽しいお話や、
毎日のケアについてのアドバイスを載せていきます。
calender

2024年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
AED
当院では、心停止の救命措置に必要なAED(自動体外式除細動器)を設置しております。

最近のトラックバック

アーカイブ

リンク



« 午後休診のお知らせ | メイン | 歯科医師の道 »

2009年10月29日 (木)

歯の治療に思う

本日は、AERA09.10.26 No50号の中の『内田樹の大市民講座』のエッセイをお送りします。

◇歯の治療に思う

歯の治療を始めて3ヶ月ほどになる。

もともと歯茎が悪かったのだが、前歯がぐらぐらしてきて歯医者に行ったら「下の歯は全部ダメです」と宣告された。

歯を13本抜いて、インプラントにする。

歯槽骨が形成されるのを待ち、骨が出来たら人工歯を植えていく1年がかりの大手術である。

いまは「骨づくり」の段階なので、下の歯列は全部仮歯である。

歯科医の治療を嫌う人が多い。

ドリルの機械音を聞くと総毛立つという人がいるし、ローレンス・オリヴィエがダスティン・ホフマンの奥歯をがりがりと削って拷問する「マラソンマン」に言及する人も多い(思えば「歯科医が拷問する」というシーンだけ記憶されて、あとは忘れられてしまった気の毒な映画である)。

でも、私はわりと平気である。

もちろん、それだけ治療者の腕がいいということもあるのだが、私は身体の不調については、「悪くなったものは仕方がない。ありものでやりくりするしかない」というあきらめのいい人間なのである。

眼がわるくなろうと歯が悪くなろうと、「あ、そうですか」と涼しく現状を受け入れることにしている。

仮歯だと硬いものはかみ切れないけれど、「石器時代だったら、とっくに餓死しているところだ。良い時代に生まれたものだ」と感謝して日々を過ごすほうが、精神衛生上はよろしいようである。

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/161388/22075939

このページへのトラックバック一覧: 歯の治療に思う

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。