しろくま歯科医院 WEBサイトへ

しろくま先生のブログ
しろくま歯科医院より歯にまつわる楽しいお話や、
毎日のケアについてのアドバイスを載せていきます。
calender

2024年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
AED
当院では、心停止の救命措置に必要なAED(自動体外式除細動器)を設置しております。

最近のトラックバック

アーカイブ

リンク



« スリッパが出てきません! | メイン | スリッパの機械なおしました。 »

2007年2月 5日 (月)

虫歯予防おさらい

現在、多くの歯科に関する書物が出ています。そこには多くの予防の事が書かれています。

今回は、改めて予防についてまとめてみたいと思います。

虫歯の原因はミュータンス菌といわれています。乳幼児期にこの細菌に感染しなければ、成人後も虫歯になりにくいと言われています。

しかし、大部分の日本人の口腔内にこの細菌は存在しているのです。ところが、この細菌に感染していても、しばしば虫歯になる人と、ほとんどならない人がいるのです。

次にあげる人はとくに虫歯になりやすいので、より注意が必要です。

★歯並び・噛み合わせが悪い人

歯並びがでこぼこしているので、歯間にプラークが残りやすくなります。

★歯を磨かない人

プラークが残り、口の中の細菌が増えやすくなります。

★歯の強度が不十分な人

歯の表面が細菌の出す酸で溶けやすくなります。

★唾液量が少ない人、唾液中に細菌に対抗できる物質(抗菌物質)が少ない人

歯の浄化作用や、歯を保護する作用が働きません

★砂糖を含む物をたくさん食べる人

細菌が、歯の表面に付着した砂糖の成分を分解して酸をつくるため、虫歯の進行が早いです。

★間食が多い人

いつも口の中が汚れていて細菌が増えやすくなります。

実は、私自身も間食が多いし、歯の強度は十分ではありません。自分で書きながら大いに反省した次第です。

参考文献 中・高年の歯の病気がすべてわかる本 森山貴史著 主婦と生活社

歯磨きを気にかけています。

by ゆここ | 2007/02/05 12:39:40

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。