しろくま歯科医院 WEBサイトへ

しろくま先生のブログ
しろくま歯科医院より歯にまつわる楽しいお話や、
毎日のケアについてのアドバイスを載せていきます。
calender

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
AED
当院では、心停止の救命措置に必要なAED(自動体外式除細動器)を設置しております。

最近のトラックバック

アーカイブ

リンク



« 口腔ケアとは | メイン | 一人で悩んではいけない »

2007年2月28日 (水)

歯は長生き?

歯科医師会から毎月送られてくるデンタルマガジン「朝・昼・晩」にという冊子があります。そこのコラムをご紹介します。

【男性の歯の方が、女性の歯より長生き!】

様々な調査から、女性の歯より男性の歯の方が寿命が長いといわれます。

45歳以降になると女性が失う歯の数は男性を上回り、下顎第一大臼歯(6歳臼歯と言われる奥歯)の平均寿命は、男性より約3年も短いという結果が出ています。

主な理由は、思春期、妊娠、出産、更年期など、女性の方が年齢によるホルモンバランスが変化しやすいためと言われています。

多くの妊婦が歯肉炎を経験するように、口の中はホルモンの影響を受けやすい繊細な場所なのです。

部位的には、男女とも犬歯など前歯の寿命が長く、磨きにくい奥の臼歯は寿命が短い傾向にあります。

ただ、調査の推移ではここ20年ですべての歯の平均寿命は延びており、治療やケア次第で歯を長く残せる事を証明しています。

将来1本でも多く、歯を保てるよう、特に女性は20代~40代の時点から丁寧なケアをこころがけましょう。

8020を念じて
ていねいに磨いて守りたいです。

by わいわいわい | 2007/02/28 9:03:07

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。