しろくま歯科医院 WEBサイトへ

しろくま先生のブログ
しろくま歯科医院より歯にまつわる楽しいお話や、
毎日のケアについてのアドバイスを載せていきます。
calender

2024年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
AED
当院では、心停止の救命措置に必要なAED(自動体外式除細動器)を設置しております。

最近のトラックバック

アーカイブ

リンク



« 努力は続けてこそ価値がある。 | メイン | 自分自身の配分、ペースが大事なのかも »

2011年9月 6日 (火)

いかに損傷を少なくするか。。。。を念頭において

Dsc00998_3最近のインプラント手術はCTスキャンを撮影して、骨の状況を十分に把握して手術を行うことが常識となっています。

当院ではまだCTが常備していないために、奥羽大学にてCT撮影を行っています。

CT撮影を行った後、インプラント手術シミュレーションソフト(ノーベルガイド)を用いて、骨の状況、インプラントの埋入位置、インプラントのサイズ等を慎重に検討していきます。

写真の患者さんは、上顎大臼歯に一本だけの予定なのですが、上顎洞という大きな空洞が上方にあり、インプラントを埋入する骨が少ないのです。

何度かシミュレーションを行った後、1箇所だけ、骨のある位置を見つけることができました。

インプラントシミュレーションソフトは、本当の手術をする前に、何度も疑似手術をすることが可能なことが、術者の安心と自信につながっています。

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/161388/27038425

このページへのトラックバック一覧: いかに損傷を少なくするか。。。。を念頭において