しろくま歯科医院 WEBサイトへ

しろくま先生のブログ
しろくま歯科医院より歯にまつわる楽しいお話や、
毎日のケアについてのアドバイスを載せていきます。
calender

2024年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
AED
当院では、心停止の救命措置に必要なAED(自動体外式除細動器)を設置しております。

最近のトラックバック

アーカイブ

リンク



« 若いときは、自分もそうだったのかな | メイン | せっかくの休みはどんどん悪い方向へ・・・。 »

2010年7月28日 (水)

なぜか、とても悲しかったこと。

油断していると、日々『もの』は増殖しつづけています。2834340_3399257433

仕事の『もの』でも、プライベートな『もの』でもです。

仕事の面では、かなり割り切って、処分することが出来るのですが、自分個人の物というのはなかなか処分が難しいです。

私の一番身近な増殖し続ける『もの』は、本です。

これまでも、何度も大量に処分してきました。処分に処分を重ねて、現在の分量になっているのですが、さすがに、本棚に入りきらなくなってきたので、また大量に処分する事にしました。

しかし、厳選に厳選を重ねた本だけが残っているので、なかなか思い切れません

いつまで経ってもらちがあかないので、5年間読み返さなかった本は処分と決めました。

でも、いざ本を手に取ると、読んだ時の状況の頭に浮かびます。

「この本を読んだ時は、かなり気分が落ち込んでいたな」

「この本の時は、かなりやる気になって、~に取り組んだっけ」

「そいえば、この本を読むと、かならずあのCDの音楽が頭のなかに流れるな」等々。

きちんとシリーズを初版でそろえた本がほとんどでした。

処分する本を数えたら、300冊ほどありました。あと200冊ほどあるのですが、収納するダンボールが無くなってしまいました。

その300冊の本をブックオフに持ち込みました。

値段を期待していたわけではありませんでしたが、たった1万5千円でした。

あんなに、ワクワクさせてもらった本が、予約をして持ち望んだ本が、たった1万5千円。

とても悲しくなりました。

お金を受け取り、帰るときは、心のなかで『ごめんね、ごめんね』とつぶやいていました。

でも、しっかりと頭に記憶として残っているし、きちんと頭の切り替えが出来ました。

今は、なぜかすがすがしい気持ちです。

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/161388/24765945

このページへのトラックバック一覧: なぜか、とても悲しかったこと。

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。