しろくま歯科医院 WEBサイトへ

しろくま先生のブログ
しろくま歯科医院より歯にまつわる楽しいお話や、
毎日のケアについてのアドバイスを載せていきます。
calender

2024年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
AED
当院では、心停止の救命措置に必要なAED(自動体外式除細動器)を設置しております。

最近のトラックバック

アーカイブ

リンク



« 本日は、しろくま歯科医院にて研修会です。 | メイン | 悶絶!もみ返し地獄!! »

2008年9月 1日 (月)

チューインガムで消化管術後治療

本日は、デンタルトリビューン2008年7月号よりお届けいたします。

チューインガムで消化管術後治療

(ワシントン)Faculty of MedicineのBradly氏は、チューインガムが、消化管術後の腸機能回復への簡単な解決法であることを見いだした最新の論文を推薦しました。

ノースカロライナ大学(ノースカロライナ州チャペルヒル)消化外科博士のErik.J.Kouba氏らがUrology(2007;70:1053-1056)に発表したここの研究では、消化管手術を行った102人のうちの半数に術後にチューインガムを一日5枚与え、その影響をみています。

ガムを噛むことは、平滑筋繊維や唾液腺を刺激するすると考えられます。ガムを噛んだ51人は、噛まなかった者と比較して短時間で腸運動が有意に回復しました。

小児泌尿器科のKropp氏は、消化管手術を行った患者に、術後にガムを1枚与える予定。同氏は「ハイテクや分子研究が盛んな今日の科学界において、医療費を増加させることなく実践に用いる事が出来るこの論文の知見は印象深い」とし、「ガム一箱の価格を考えれば、製薬企業はまず最初にチューインガムの利用についての情報提供を行うべきだ」と述べています。

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/161388/15787860

このページへのトラックバック一覧: チューインガムで消化管術後治療

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。