しろくま歯科医院 WEBサイトへ

しろくま先生のブログ
しろくま歯科医院より歯にまつわる楽しいお話や、
毎日のケアについてのアドバイスを載せていきます。
calender

2024年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
AED
当院では、心停止の救命措置に必要なAED(自動体外式除細動器)を設置しております。

最近のトラックバック

アーカイブ

リンク



« アレルギーその① | メイン | 白熊ランツ »

2006年8月19日 (土)

アレルギーその②

昨日の続きです。

本日は少し治療の方へと話をシフトさせていきましょう。

現在、アレルギーにより悩まれている患者さんは是非参考にしてみてください。

アレルギー疾患には遺伝性があるので、家族、近親者がアレルギー疾患に罹患していないかを医師によく使える必要があります。

これから、アレルギー疾患で診察を受ける方は以下の項目を医師にお伝え下さい。

気管支喘息、アレルギー性鼻炎、じんま疹などは、重要なチェックポイントになります。

また、花粉症などでは季節と症状との関係が重要ですけど、ハウスダストは無関係です。

さらに、猫や犬の毛、小鳥の羽がアレルゲンとなることも多いので、ペットの有無も重要です。

食べ物では、特に乳幼児では卵、牛乳、大豆が、成人では殻類、魚類、えび、かに等が重要です。

金属では、歯科に関連する金属、装飾品のピアス、指輪、ネックレスは重要な項目です。

小麦粉によるパン屋の喘息、自動車塗装に使うジイソシアン酸トルエンなども無視出来ません。

明日は、アレルギー疾患の種類についてお伝えいたします。

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/161388/6480577

このページへのトラックバック一覧: アレルギーその②

私 アレルギー  アレルゲン保持者
今日のお話 心当たり山ほどです。
次 楽しみ。


コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。