しろくま歯科医院 WEBサイトへ

しろくま先生のブログ
しろくま歯科医院より歯にまつわる楽しいお話や、
毎日のケアについてのアドバイスを載せていきます。
calender

2023年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
AED
当院では、心停止の救命措置に必要なAED(自動体外式除細動器)を設置しております。

最近のトラックバック

アーカイブ

リンク



« ちょっと悪いことしているみたいで・・。 | メイン | ソースカツという駄菓子 »

2017年8月26日 (土)

ドタキャンが常習化している患者さんへ。

常日頃、しろくま歯科医院に来院くださる患者さんには本当に感謝の気持ちしかありません。
予約が取りにくく、ご迷惑をお掛けしております。
歯科医院の治療の場合、内科と外科と技工という3つの要素が絡み合っている為、どうしても予約制という縛りに従うしかないのです。
つまり、歯肉の状態が良くないなら、歯石を取って歯肉が良くなる期間が必要になりますし、歯を削って型を取ったら、技工士さんに被せもの(補綴物)を作って貰う時間が必要になりますし、親知らず抜歯やインプラント手術などの場合は、他の患者さんと同じ時間帯に治療する事は出来ません。
そういった理由から予約制という縛りがあります。
医院側としても、事前の準備をしっかりやりますという患者さんとのお約束のお時間になると考えてください。
そのため、急なキャンセルがあると歯科医院にとって大きな打撃(もしくは落胆といってもいいでしょう)となります。やはり人間ですし、突発的な出来事は避けては通れないので急なキャンセルは致し方ないと思います。
ただ、患者さんの中にはキャンセルが常習化してしまい、気楽にキャンセルされる患者さんも出てきます。また、そういった患者さんの特徴としては、予約していない時間に急に来院されて処置を希望される事が多いです。
歯科は最初に書いた通り、事前の準備が必要なのです。予約された時はこちらもキチンと準備して待機しますが、急な処置に関してはなかなか急に準備は出来ません。その時予約してキチンと時間通り来院されてる大事な患者さんもいますし。
ですので、最近ではそういったドタキャンが常習化している患者さんに関しましては、当院ではお口の中の健康が守れる自信も責任も持てませんので、他の歯科医院での治療をお奨めしております。
予約を取られる際には、必ず来院出来る時間を見つけて予約の方お願いいたします。
生意気な様で叱られそうですが、私達はこれでご飯を食べていますし、生活しています。
予約を簡単に考えないでください。
もし、自分の仕事で約束事を簡単に反故にするクライアントがいたら、重要な仕事を一緒にしようと思いますか?

L1001151