しろくま歯科医院 WEBサイトへ

しろくま先生のブログ
しろくま歯科医院より歯にまつわる楽しいお話や、
毎日のケアについてのアドバイスを載せていきます。
calender

2024年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
AED
当院では、心停止の救命措置に必要なAED(自動体外式除細動器)を設置しております。

最近のトラックバック

アーカイブ

リンク



« POC三志会 | メイン | こういう日も大事です。 »

2010年11月 9日 (火)

灰色の虹

303872 貫井徳郎の待望の新刊。

購入から一気に読破出来ました。

今回のテーマは『冤罪』

最近では、足利事件で無期懲役判決を受けた管家さんや郵政不正事件で起訴された村木さんが無罪判決を受けたことが鮮やかに思い出されるが、今回は、冤罪にも関わらず、司法に屈し、すべてを失った主人公の復讐がメインテーマ。

実際に冤罪はこうして作り出されてゆくのだろう。とても怖く、救いが無い。

最初から、目を覆いたくなるような章が続くが、読まずにはいられない筆力が貫井さんの本にはあります。

とても悲惨でとても酷い話だけれども、これは決して読まずに通り過ぎることが出来ない一冊。

最後の3ページの衝撃と無念さは、最初から丁寧に読んだ方のみが味わえるもの。

この本を読んで見ようかと思った方は、是非、途中で投げ出さず最後まで読み切っていただきたい。

切なくも悲しい良本。

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/161388/25376423

このページへのトラックバック一覧: 灰色の虹

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。