しろくま歯科医院 WEBサイトへ

しろくま先生のブログ
しろくま歯科医院より歯にまつわる楽しいお話や、
毎日のケアについてのアドバイスを載せていきます。
calender

2024年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
AED
当院では、心停止の救命措置に必要なAED(自動体外式除細動器)を設置しております。

最近のトラックバック

アーカイブ

リンク



« 診療再開のお知らせ | メイン | 考えてみれば・・・。 »

2011年3月27日 (日)

まあ、しょうがないのですが

昨日、診療を再開出来ました。

まだまだ、原発の問題がありますが、ひとまず一安心です。

原発の問題ですが、たしかに腹立たしい。

感情論になってしまうのであまり言いたくないし、論じたくもない。

この問題は、福島県民なら一生背負っていかなければいけない事だと思います。

もう、起きたことはしょうがない。前向きにやっていくしかないですから。

仙台や福島や岩手の被災の甚大な場所は、本当にお気の毒でかける言葉も見つかりません。

私は長いこと千葉県で生活してきました。被害にあった浦安市のこともよく知っています。

あの浦安市が液状化現象で地盤沈下が起き、町中泥だらけになってしまっています。今月の初め従業員の旅行でディズニーを訪れたばかりです。あの豊かで美しい街が・・・・。

東北もですが、千葉の災害もかなりのものです。しかし、計画停電の地域にもなっている。お気の毒としかいいようがありません。しかし、前を向いてがんばるしかないですよね。放りだして逃げ出すわけにはいかないのですから。

前置きが長かったですが、私が言いたいのはこの後なのです。

昨晩、診療開始を祝って、家族4人で近くの中華料理店に食事に行きました。ここの中華丼が大学近くにあった『来々軒』の肉かけ丼に味がそっくりなので(笑)。

そこで老夫婦の方をいっしょになりました。

その老夫婦にも私の子ども達のような孫がいるそうなのです。ちょうど、今あってきたばかりで、その帰りのこの店に来たと。

『なかなか大変だけど、がんばって行きましょうね』と声を掛け合いました。

ずっと気になっていたのですが、店の中に大きな声が響き渡っているのです。

『もう、福島は終わりだよ、もう、世界中のだれも、福島に来たがらない。日本に来たくないんじゃないんだよ、福島に名指しできたくないっていってんだよ』

『福島の農作物ももう、最悪だよ。これは皆で、国に訴えるしかないんだよ。俺が農作物に関わって無くても関係ないんだよ、福島に住んでいるだけで被害者だ、高額の賠償金を請求すべきなんだよ』

『もう一生この場所では商売が出来ない。水が死んでしまってんだから。国に責任とってもらうからな』

等と言うことを延々と自分の親に向かって大声で吠えている。

もう、うんざりでした。歳は私と同じくらいでしょうか?これから、県民は力を合わせて頑張って行かなければいけない時なのに。

とても耳障りで嫌な感じがしました。店の中にいる店員、お客さん、皆嫌な顔してました。

福島が嫌なら、一人で出て行って欲しい。

自分の親に吠えないで、場所を選んで欲しい。

と、思った昨晩でした。

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/161388/26211067

このページへのトラックバック一覧: まあ、しょうがないのですが

夫婦でお世話になりました、千葉県柏のnkmrです。もう少しで郡山を離れる、あと1ヶ月というところで、地震。原発のこともあって、工場もしばらく稼動停止。15日に千葉に戻る人の車に同乗、柏に戻りました。シロクマのマウスピースを忘れてきてしまいました。歯軋りしないようにと思いながら寝てます。女房は14日に予約しておりましたが、新幹線が動かないので、電話もつながらず、あきらめたようです。あと1回は、なんとか見ていただきたいので、再来週には、バスで、郡山まで行きます。。私(亭主)もあと数日で、こちらでの仕事も片付けて、大好きになった郡山へ向かいます。女房の「歯」宜しくお願いします。


コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。