しろくま歯科医院 WEBサイトへ

しろくま先生のブログ
しろくま歯科医院より歯にまつわる楽しいお話や、
毎日のケアについてのアドバイスを載せていきます。
calender

2024年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
AED
当院では、心停止の救命措置に必要なAED(自動体外式除細動器)を設置しております。

最近のトラックバック

アーカイブ

リンク



« むし歯や歯周病がなかった先住民 | メイン | 宿題 »

2009年11月 3日 (火)

花粉症治療~食パンでエキス吸収~

本日は、日本経済新聞2009年10月27日分の社会面に出たいた記事よりお届けいたします。

◇口腔粘膜で摂取~都が効果確認~

東京都は26日、食パンに含ませた花粉エキスを口の粘膜から吸収する舌下減感作療法を花粉症患者142人に実施した結果、約7割で症状が消えたり、軽減したり、重い副作用は1例も無かったと発表した。

減感作療法はアレルゲンと呼ばれる原因物質を徐々に体内に取り込み、症状の緩和を期待する治療法。

花粉症で実用化されているのは花粉エキスを薄めて皮下注射する方法だ。

都は「今回のような患者の規模で舌下減感作療法の有効性と安全性が確認されたのは初めてではないか。患者の負担が少ない治療法として早期の実用化を期待したい」としている。

都と共同研究した日本医科大学が29日から秋田市で開催される日本アレルギー学会秋季学術大会で発表する。

都福祉保険局によると、都内在住か在勤の20歳以上の花粉症患者から協力者を募り、皮下注射用の花粉エキスを食パンに含ませ、舌の下に2分間置いて吐き出させる方法を試した。

投与は2006年から2年間。当初は毎日投与し、残り1年間前後は2週間に1回のペースだった。患者の7割が症状が消失したか軽減し、副作用も鼻や目のかゆみなと軽い症状にとどまったという。

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/161388/22111317

このページへのトラックバック一覧: 花粉症治療~食パンでエキス吸収~

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。