しろくま歯科医院 WEBサイトへ

しろくま先生のブログ
しろくま歯科医院より歯にまつわる楽しいお話や、
毎日のケアについてのアドバイスを載せていきます。
calender

2024年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
AED
当院では、心停止の救命措置に必要なAED(自動体外式除細動器)を設置しております。

最近のトラックバック

アーカイブ

リンク



« 国内情勢か世界情勢か? | メイン | 午後は休診です。 »

2007年10月14日 (日)

人には自然治癒力がある

本日は、日本デンタルコンシェルジュ協会編集、佐伯健太郎先生が執筆代表である「噛み合わせが教える健康の秘訣」からお届けします。

人には自然治癒力がある。

病気を治すのは、人間が生まれつき持っている免疫力や自己再生能力といった「自然治癒力」です。

風邪を引いた場合、たいていは人は医者に行き、薬をもらって飲むと思います。薬を飲めば、数日のうちに風邪が治るため、薬が効いたと思うでしょう。しかし、、処方された薬は、多くの場合が解熱剤と抗生物質で、風邪の原因であるウィルスを退治するものではありません。

抗生物質を投与するのは、扁桃腺の腫れや肺炎といった、いわば風邪の二時症状に効果があるからであり、風邪そのものにはまったく効果がないのです。

風邪を引いたら卵酒でも飲んで、温かくしてよく眠れば治るといいます。また、抗生物質を飲んでも飲まなくても、風邪の治癒期間に差はないという調査結果もあり、普通の風邪なら抗生物質を飲む必要はないのです。

では、何が風邪を治したのでしょうか。

転んだり刃物で指を傷つけたりしたときなど、最初は出血し激しく痛みますが、時間が経てばかさぶたが出来て血がとまり、気がついた時には痛みも遠のいています。身体の傷が治るのも、どちらも人間に本来備わっている力です。自分の身体を自分で治そうという力・・・・それが自然治癒力なのです。

病気を治すのはまず自分。それを忘れてはいけません。医者にかかればどんな病気も治してもらえると思いがちですが、医者に出来ることは限られています。

どんな医者でも、一番大切なのは、患者さん自身の病気を治す力であることを知っています。古代ギリシャの医学の祖・ヒポクラテスも「人間は自ら治す力を持っている。真の健康とは、自然の治癒力を付けることである。医者はこれを助ける役目をするだけである。」といっており、紀元前から現代まで、病気に対する認識は変わっていないのです。

参考文献 噛み合わせが教える健康の秘訣 日本デンタルコンシェルジュ協会編集、佐伯健太郎代表執筆 メディアポート

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/161388/10436573

このページへのトラックバック一覧: 人には自然治癒力がある

いつも自然治癒を信じて、第一に思っています。


コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。